読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

実り多き人生

早起き&片付け・断捨離で、自分らしい人生をつくるブログ

「リコマース宅配買取」で本を買取査定!5回以上利用した私がメリットデメリットを口コミします。

スポンサーリンク

【2017/5/9更新】

わたしは本を読むのが大好きで
特に紙の本を好んでよく買います。

 

読み終わった本は一定量だけ残し、
残りは買取サービスを利用して次の本の購入資金に。

 

最近は、買取金額をAmazonギフト券で受け取れる 
amazonログインで簡単に買取【リコマース】
を利用しています。

 

【目次】

 

「リコマース宅配買取」の買取価格は高い!

積んだ本

初回の利用時はビジネス書と実用書、
合わせて5冊を買取査定に出しました。

リコマースではサイト上で
事前に買取価格をチェック出来るので
そこそこ高額で売れそうな新しめの本をピックアップ。

 

査定に出す本を無料で集荷してもらい、
数日後に届いた査定結果はなんと…

 

本の買取金額

 

5冊で4,014円!

自分でも思った以上の査定結果が出て、大満足です!

 

送ったのが新しめの本といえども
今までこんな高額買取してくれるところは他にありませんでした。

 

しかもリコマースではなんと査定の明細も出してくれます。

リコマース 買取明細

明細を確認すると
1冊につき定価の1/3以上の価格がついていました。

 

買取明細が見れる本の買取サービスはあまりないので
これはわたし的にすごくポイントが高かったです。

 

そして一番下の欄の「1,000円」の文字。

 

なんと期期間限定3冊以上買取で
買取金額が1,000円増額するキャンペーン中でした!

 

すごく太っ腹なキャンペーンですよね…ビックリ。

でもキャンペーンなしでも十分満足の買取価格です。

 

リコマースでは買取金額は現金ではなく
Amazonギフト券での支払いとなります。

 

査定金額を確認後、承認したら
すぐにAmazonギフト券が発行されて
その早さにも驚きました。

 

 「リコマース宅配買取」のメリット

買取価格では大満足のリコマース
今回利用してみて感じたメリットとデメリットを書いておきます。

【2017/5/9追記】

現時点ですでに5回以上「リコマース買取」を利用しているので
そこで感じたメリットも合わせて口コミします。

 

まずはメリットから。

①リコマースは比較的買取価格が高い!

f:id:ookiminori:20170217170021j:plain

上で紹介した買取価格を見ても分かる通り、
リコマースは他の買取サービスと比較して
比較的買取価格が高いと感じています。

 

これは買取金額が現金ではなく
「Amazonギフト券」で支払われるからということもありますが
わたしのようにAmazonでよく利用するユーザーには
とても嬉しい査定額だと思います♪

 

特にロングセラー本や、比較的新しめの本は
リコマースで高値で売れるので
ぜひサイトの買取リストをチェックしてみてください。 

買取価格のチェックはこちらから

 

②リコマースは身分証のコピーや銀行口座など個人情報の提供が不要

リコマースではAmazonアカウントを持っていれば
面倒な住所入力などナシで一発登録ができます。

 

買取金額はAmazonギフト券として支払われるので
他の買取サービスのように、銀行口座を入力する必要もありません。

 

また、「郵送による本人確認」をしているので
査定を依頼する荷物の中に、身分証のコピーを入れる必要もなし。

 

個人情報を掲示することが不安な方には安心の仕組みですね^ ^

 

③リコマースは買取価格を事前にチェックできる

リコマースが買取している主要な商品については
サイト上で買取価格リストを事前にチェックすることができます。


査定に出す前に大体の金額が分かるのも
すごく便利だなぁと感じました。

買取対象商品は本だけでなく
DVDやゲームソフトおもちゃや家電など約60種類。

 

家にある不用品を買取リストで確認してみたら
意外な価格がついているかもしれませんね。

買取価格のチェックはこちらから

 

④リコマースは1冊から買取OK、無料宅配キット付き

他の宅配買取では5冊以上、10冊以上など
査定してもらうのに冊数が必要になることが多いですが
リコマースではなんと1冊から買取してもらえます。

わたしは本が増えたらちょこちょこ整理するので
3冊~6冊くらいで買取を依頼することが多いです。


自宅に商品を入れるダンボールがなくても
無料宅配キットを利用できるので、
こちらの手間やお金はかからずに査定依頼ができますよ^  ^

 

⑤リコマースは2回目以降の利用に手間がかからない

初回だけ、本人確認に少し時間がかかるリコマースですが、
2回目以降の利用は、ビックリするほど手間がかかりません。 

 ▶不要な本がAmazonギフト券に大変身!「リコマース」の2回目買取は早くて高い、W満足の査定結果でした。 

 

こちらの作業としては、
【リコマース宅配買取サービス】 の申し込みフォームから
査定依頼をして、
あとは本を手持ちのダンボールに梱包するだけ。

 

本人確認書類や査定申込票なども必要なければ
荷物の送付表を書く必要もなく、
あとは配送業者さんが持っていってくれるので、
とってもラクなんです!

 

⑥リコマースは集荷から査定結果が出るまでの期間が短い

こちらも2回目以降利用でのメリットになりますが
本を集荷してもらった日からメールで査定金額が送られてくるまで
早いときでたった3日しかかからない時もあります。

 

毎回「え?もう査定終ったの?」
という早さでメールが届くので、
査定を急いでいる人にはぴったりのサービスだと思います。

 

⑦リコマースは商品別の全ての査定金額を教えてくれる

f:id:ookiminori:20170217171220j:plain

(4回目に買取に出した時の査定明細です)

リコマース宅配買取では、メールにて
商品ごとの全ての査定金額を教えてくれます。

 

本の買取で詳細な金額を教えてくれるところは
リコマースが初めてでしたが
明細があるのとないのでは
査定結果への納得感が全然違ってきますね。

 

痒いところに手が届く細やかなサービスも、
わたしが何度もリコマース買取を利用している理由の1つです。


⑧リコマースのAmazonギフト券は即時発行

商品査定後、リコマースからメールで送られてきた
査定金額について承認ボタンを押すと、
すぐに「Amazonギフト券を発行しました」との
メールが送られてきます。

 

なのでその場ですぐにギフト券を利用して
新しい本を購入することも可能!

他の宅配買取では、
「承認数日後に口座振込」というのが主流なので、
リコマースのこの早さと楽さはもう、ストレスフリーです。

 

これまで4回リコマース買取を利用しましたが
夜中であろうとなんだろうと、即ギフト券が発行されましたよ。

 

「リコマース宅配買取」のデメリット

わたし自身は気になりませんでしたが
人によってはネックになるだろうなと思うことを書いておきます。

 

①買取金額を現金では受け取れない

リコマースでは商品の買取金額はすべて
Amazonギフト券として支払われます。

 

なのでAmazonユーザーではない人や
買取金額を現金で受け取りたい人にはこのサービスは向きません。

 

②初回は本人確認に少し時間がかかる

リコマースでは身分証のコピーの代わりに
郵送による本人確認を行っています。

 

査定に申し込むと郵便局から
「本人限定受取郵便」の到着案内が届きます。

 

それを見て自分で郵便局に連絡をして
後日郵便局スタッフに身分証を掲示したら、
写真の「本人限定受取郵便」がもらえるという仕組み。

リコマース本人確認はがき

このハガキをもらってから数日後に、
リコマースから査定結果のお知らせが届きます。

 

わたしの場合は査定申し込みをしてから
2日後に本を集荷してもらいました。
(段ボールは自宅にあったものを利用)

 

本人確認は査定申込みから1週間後に完了し
その3日後に査定結果のお知らせが届きました。

なので初回から査定結果を急ぐ人には
向かないサービス
だと思います。

 

ただメリットのところでも書きましたが
2回目以降は驚くほどに手間がかからず
集荷からギフト券発行までもとても速いのです。

 

今後も利用することを考えると
初回の待ち時間はそこまでデメリットではない気もします。

 

「リコマース買取」実際に使ってみての口コミまとめ

リコマース買取のメリットは…

  1. 買取価格が比較的高い!
  2. 個人情報の提供が不要
  3. 買取価格を事前にチェック可能
  4. 1点から買取OK!無料宅配キット付き
  5. 2回目以降の手間がかからない
  6. 査定までにかかる日数が少ない
  7. 全ての商品の査定金額が分かる
  8. Amazonギフト券は即時発行

 

リコマース買取のデメリットは…

  1. 買取金額を現金では受け取れない
  2. 初回は本人確認に少し時間がかかる

 

というわけで、
【リコマース宅配買取サービス】  は
Amazonユーザーで
初回の査定結果を急がない人には超おすすめ!

 

不用品の断捨離を考えているならば
リコマースをぜひ一度試してみてくださいね!

 

▶ 【リコマース】公式サイトを見てみる