読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

実り多き人生

なりたい自分と未来をつくる、自分時間の作り方。

神社参りは初詣だけじゃもったいない。わたしが月に2回は神社に通う3つの理由。

ミニマルライフ ミニマルライフ-シンプルで豊かな暮らし カラダとココロを整える
スポンサーリンク

12月30日の昨日は、
家族で家の近くの神社にお参りに行ってきました。

 

年が明ける前の年末詣には、
その1年を健やかに過ごせたことへの
感謝の気持ちを神様に伝える、
という気持ちで参拝しています。

 

わたしは神社に行くのが好きで
特に今年の夏からは多いときで週4回、
少ない時でも月に2回は神社にお参りしています。

幸せを感じやすい人になる、トイレ掃除と神社参拝の共通点とは? 

 

今回の年末詣もそうですが
わたしが定期的に神社に通う理由を
この年末に改めて考えてみました。

 

【目次】

理由①感謝の気持ちを味わえる

f:id:ookiminori:20161231045309j:plain

神社とはお願い事をしにいくのではなく
感謝の気持ちを伝える場所です。

 

わたしが神社に通うようになった理由の1つは、
その時の自分がどんな状況にいたとしても
神社に行けばただひたすら「感謝」の気持ちを味わえる
ということ。

 

調子の良いときはもちろん、
心に何かしらの不安や葛藤を抱えている時でも
神社で手を合わせて「ありがとう」とつぶやいていると
ジワジワと温かいものが心に広がるのを感じます。

 

もちろん神社にお参りしたからといって
その不安や葛藤が心の中からきれいに消え去る
なんてことはありません。

 

でもたった数分でもそうやって
ただひたすらに「ありがたい」という気持ちに浸ることで

今の不安や葛藤も、何らかの意味があることで
いずれはきっと感謝できる日が来るんだろうなぁ
思えるようになりました。

 

自分の中のネガティブな感情を
前より冷静に受け止められるようになったのは
神社に通ったおかげだと思っています。 

 

理由②時間の奴隷から抜け出せる

f:id:ookiminori:20161231050405j:plain

神社に行くことは、別に義務ではありません。

神職関係者は別かもしれませんが
一般人は神社に行きたいなら行けばいいし、
行かなくても誰かに責められることはない。

 

それでもわたしが時間を作って神社に通うのは
「忙しい、時間がない」と言う、
時間に縛られた人間になりたくないから。

 

会社員時代も、
在宅で仕事を始めてしばらくの間も、
「急がないと、時間がない」がわたしの口癖でした。

 

だけど「時間がない」と言うほどに
時間に自分の人生を支配されている感覚に陥ってしまう。

 

そんな時間の奴隷になっている自分を
解放してくれる行動の1つが、神社参拝だったのです。

誰に義務づけられたわけでもないけれど、
自分がただ、行きたいから行く。

 

そういう時間を過ごすことで
「自分の人生の主導権を自分の手で握っている」
という自由な感覚を日々実感することが出来ています。

 

理由③運が良くなる

f:id:ookiminori:20161231051419j:plain

神社に通うと、運が良くなります。

 

「宝くじが当たったよ!」なんて
目に見える証拠があるわけではありません。

 

だけど、わたし自身は神社に通うようになってから
自分は運が良い人間だなぁと思えるようになりました。

 

それはなぜかと言うと、先に挙げた神社に通う理由、

  • 感謝の気持ちを味わえる
  • 時間の奴隷から抜け出せる

この2つを神社通いを通して実感できたことが
わたしの「世界を見る目」を変えてくれたから。

「感謝」と「自由」を手にした状態でまわりを見ていると
否が応でも良いことや楽しいことに意識が向かうのです。

 

何気ない日常の中にも
「嬉しい!」とか「ラッキー!」などなど
自分は運が良いと思えることを
たくさん発見出来るようになったこと。

 

そのことによって、
わたしの暮らしの満足度はより大きくなったのでした。

 

おわりに

 わたしが月に2回は神社に通う3つの理由

  1. 感謝の気持ちを味わえる
  2. 時間の奴隷から抜け出せる
  3. 運が良くなる

来年も、初詣はもちろんのこと
神社通いを暮らしの一部として楽しみたいと思います。

 

さて、今日で2016年の更新は最後です。

 

今年一年、このブログをお読み頂き、
本当に、本当にありがとうございました。
2017年もどうぞ宜しくお願いします。

 

よい年をお迎え下さい!

 

 ★来年こそ「自分らしい暮らし」を見つけたいあなたへ(トラコミュ)

シンプルで豊かな暮らし 

シンプル思考&暮らし 

ミニマムライフ 

自由な暮らし 

暮らしを楽しむ