実り多き人生

「早起き&朝活」で人生を変えたい人を応援するブログ

どんな時でもすぐに「今、この瞬間」に戻れる、とっても簡単な方法とは?

今年最後の「無料個別相談会」、限定枠で実施します!

みのりです。

 

仏教やマインドフルネス、スピリチュアルなどの世界では、「今、この瞬間に生きる」という言葉がよく使われます。

 

わたし自身も、1日いちにちを楽しく味わい深く生きるために、数年前から「今、この瞬間」にいることを大切にして過ごしています。

自分の本当の望みが知りたい?ならまずは「今、この瞬間」を味わおう - 実り多き人生

 

でも
「今、この瞬間にいる」って、一体どういうこと?

なかなか「今」を実感することって難しいんだよね…

 

と思っている人もいるかもしれませんね。

 

今日はそんなあなたのために、どんな時でもすぐに「今、この瞬間」に戻れる、とっても簡単な方法をお伝えします。

 

「今、この瞬間」にいない時、人はどこにいるのか?

f:id:ookiminori:20180721020835j:plain

「今、この瞬間」に戻る方法について話す前に、まずは「今、この瞬間」にいない時のことについてお話します。

 

目の前にある「今、この瞬間」にいない時、人はどこにいるのかというと…

 

「過去」か「未来」にいます。

 

身体が「今、この瞬間」にいないわけではないですよ(笑)

 

わたし達が「未来に対する不安や期待や考え事」や「過去の出来事に対する後悔や罪悪感や気になったこと」などについて思いを巡らせている時。

 

わたし達の心(マインド)は、「今、この瞬間」にはいません。

例えば…

  • 車を運転しながら黙々と考え事をしていて、気づいたら目的地に着いていたとき。 
  • 人と話している途中で何か別のことを考えだしてしまい、「聞いてるの?」と言われてハッと我に帰ったとき。 
  • 特に目的もなくスマホをぼーっと眺めながら、あっという間に時間が経っていたとき。

 

上に挙げた例は、すべて以前のわたしにとっての「あるある」でもあるのですが…(笑)

 

こういう時は、その人は目の前の「今」を見ているようで見ていません。

 

自分の心が「過去」や「未来」に飛んでいってしまっている状態なんですね。

 

「今、この瞬間」にいないと、人はどうなる?

「過去」や「未来」に心を飛ばしながらも、身体はいつもやっているルーティンであれば、自動操縦で今やるべき最低限のタスクをこなすことはある程度可能です。

でも、毎日起きている時間のほとんどを、そんな風にばかり過ごしていると人はどうなるかというと…

未来に起こることに対してつねに漠然とした不安や焦りを感じていたり、過去の終わった出来事をいつまでもクヨクヨと思い悩んでしまったり。

 

意識が未来や過去にばかり飛んでいると、自然とネガティブな感情に引っ張られて過ごすことが多くなり、

 

「今、目の前にあるものことを味わう」ことや、「心からリラックスして過ごすこと」

 を忘れて過ごしてしまうことになるんですよね。

 

そしてそうなると「幸福感」を感じにくくい体質になってしまいます。

 

今の目の前にあるモノやコトに満足できなくて、いつだって不安や怖れや焦りや停滞感やイライラを感じながら過ごしている。

 

誰だってそんな毎日は過ごしたくないですよね?

 

だからこそ日々の暮らしの中で、自分の心が「過去」や「未来」に飛んでいってると気づいたら。

 

その度に「今、この瞬間」に戻ることが、人生を楽しく味わって過ごすためにはとても効果的なんです。

 

「今、この瞬間」に戻るとっても簡単な方法は「笑うこと」

f:id:ookiminori:20180721020906j:plain

さて…大変お待たせしました!

 

今からやっと本題である、「今、この瞬間」に戻るためのとっても簡単な方法についてお話します。

 

実は「今、この瞬間」を味わうためには、色んなやり方があります。

マインドフルネスとも言われる瞑想を始めとして、モーニングページ、散歩、ご飯を五感で味わって食べる、大好きなことをすること…などなど。

 

中でもわたし達がいちばん簡単に出来るのは…
「笑うこと」です。

 

  • 子どもの可愛くて面白い「言いまつがい」に思わずプッと吹き出すとき。
  • 友達と、どうでもいいくだらない話で盛り上がっているとき。
  • 大好きな芸人さんのコントや漫才を観て爆笑しているとき。
  • 美味しいコーヒーを一口飲んでおもわず笑みがこぼれるとき。
  • 空に大きな大きな入道雲を見つけて「わあ!」と顔がほころんだとき。

 

こんなとき、わたしたちは「今、この瞬間」に戻っています。

 

目の前にあるものや人や状況に対して笑ったり笑顔になることで、「過去」でも「未来」でもない、「今、この瞬間」を味わうことができるのです。

 

わたしたち大人にとって、「今、この瞬間の生き方」を教えてくれる最も偉大な先生は、子どもですが…

子ども達は、それはもうよく笑いますよね?

 

一体なにがおかしいのか、こちらにはまったく理解不能なことでも、ケラケラと…(笑)

 

毎瞬まいしゅん「今」を生きているかれらは、目の前のことに喜びや楽しさを見出すのがとっても上手です。

 

だからそんな子どもたちを見習って。

 

わたし達大人も心が「今」にいないと気づいたら、シンプルに「笑うこと」や「笑えるもの探し」をしてみましょう。

 

そういえば最近あんまり笑ってないな~と思った人は、自分のための「笑いスイッチ」を投入してみるのもいいかもしれません。

 

人からもらって嬉しかった言葉をノートに書き留めておくとか。

笑える映画やDVDや漫画を観てみるとか。

寒すぎるジョークで家族を凍らせてみるとか。

とっても会いたかった人に会いに行ってみるとか。

久々に学生時代の悪友に連絡をとってみるとか。

 

自分にとって思わず笑ってしまう、笑顔になってしまうモノや行動を、毎日の暮らしの中にもっともっと取り入れていきましょう。

 

そうすれば「今、この瞬間」を心から味わって、満ち足りた幸福感をたくさん感じとれる幸せ体質に自然と変わっていきますよ~^  ^

 

おわりに

ちなみにわたしにとって最近お気に入りの「笑いスイッチ」の一つは、娘や息子の面白い言動のマネを、夫婦で代わりばんこに全力でやりあうことです。

 

なかには面白いだけでなく、頑固な一面を持つ息子が時々わたしに絡むように泣き叫んでくる、通称「チンピラ泣き」のマネもあります。

 

リアルタイムで「チンピラ泣き」されているときは、こっちが泣きそうになるくらいの地獄絵図なのですが…(笑)

こうやって笑いに変えてしまうと面白いものに思えてきて、客観的に見つめられるようになるので不思議です。

 

笑うことは、わたしたちを「今、この瞬間」に優しく連れ戻し、心に幸せを感じさせてくれるとっても簡単な方法。

 

だからどんなときでも、もっと笑おう。

子どものように笑って「今、この瞬間」を味わおう。

 

「過去」や「未来」のことを考えてグルグルしていると気づいたら…

その瞬間から何度でも何度でも笑って、「今」を生きていきましょう^  ^