読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

実り多き人生

早起き&片付け・断捨離で、自分らしい人生をつくるブログ

【ゆるい早朝家事】朝のご褒美タイムをつかって未来の自分に優しくする方法。

スポンサーリンク

早起き大好きなわたしの
最近の起床時間は3時半過ぎ。

 

起きたらまずモーニングページ
頭の中の思考を全部吐き出してスッキリさせて。

 

その後は読みたかった本を読んだり、
ブログを書いたりと自分を磨くための時間に。

 

ですが子ども達が起きてきたら、
ひとり時間を終了させて
ゆるい朝家事モードに切り替えています。

 

早起きの息子と過ごしながら朝家事タイム

f:id:ookiminori:20170501102325j:plain

最近は特に2歳の息子が早起きで、
朝5時を過ぎたらもう起きてくるようになりました。

 

息子がわたしの部屋のドアを勢い良く開けて
おかあさん、おはよー!と挨拶してくれるのが、
最近の朝のひとり時間終了の合図。

 

その後は息子のお世話をしたり、
息子のつたないおしゃべりを楽しみながら
朝ごはんの準備と常備菜作りをしています。

 

食べることが大好きな息子は
わたしが料理を作っている様子にいつも興味津々。

 

かぼちゃ、好き~!
ごぼうも人参もこんにゃくも好き~!

なんて言いながら踏み台に乗って
キッチンに立つわたしの横で料理の過程を観察しています。

 

早朝家事が、夕方のわたしを助けてくれる

もちろんまだ2才児なので、
こちらが料理を作っている間にも
ちょこちょことお世話をする必要があります。

 

おかあさん、おしっこ行く!

おかあさん、絵本読んで!

おかあさん、これとって!

 

ちょこちょこと甘えてくる息子に
こちらもその都度手を止めて寄り添いながらなので
料理の効率は正直良くはありません。

 

だけど、娘も起きてくる朝6時までの時間は
1日の流れが始まる前のご褒美タイムと思っているので
バタバタすることはありません。

 

なにより、早朝の子どもとの時間を楽しみながら
1品でも作り置きのおかずが作れたなら。

 

1日の中でもバタバタしてしまいがちな
夕方の自分にとって、
それだけでとっても助かることなんですよね。

 

今日もそんなご褒美タイムを使って
2品の作り置きを完成させることができました。

 

早起きで作る朝一番のひとり時間と、
子どもと過ごしつつ未来の自分に優しくなれる家事時間。

 

これからも上手につかって、
カリカリしないご機嫌な毎日を過ごしていきたいです。

 

シンプルで心地よい暮らし作りの参考に(トラコミュ)
シンプルで豊かな暮らし 

暮らしの見直し 

暮らしを楽しむ 

家事が楽しくなるモノ・工夫 

子どものいる暮らし。