読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

実り多き人生

なりたい自分と未来をつくる、自分時間の作り方。

「外側よりも先に、内側の変化を見つめる。」わたしが日々のルーティーンに目覚めた理由。

ワクワクする生き方
スポンサーリンク

大学を卒業してから10数年間務めた、会社員時代。

わたしは「毎日の生活に常に変化を求める」女子でした。

常に変化がないと満足出来ない病 

サービス業に従事していたこともあり
勤務時間はシフト制でしたが
毎日同じ時間に働くのがわたしにとっては辛く

 

しばらく9~18時で勤務したら
今度は逆に、18~27時の深夜勤務をするなど
ルーティーンをあえて避ける生活をしていました。

 

周りの人からは
「よくそんなバラバラな生活リズムで生きていけるねぇ」
なんて言われたりもしたけど

 

わたしにとっては
「毎日毎日、

同じルーティーンで過ごすことの方が退屈でしんどい」
って感じでした。

 

「細部にこそ神は宿る」。ルーティーンの見方が変わった。

f:id:ookiminori:20160415061724j:plain

会社を辞めて、しばらくたった今思うのは
「日々のルーティーンこそ
自分を磨いて進化させてくれるものなんだぁ」
ってことです。

 

今は、毎朝3時前には起きて
夜8時には寝る生活。

 

基本的に家にいることが多いので
毎日することも、会う人も限られています。

 

自分が望んだ暮らしながらも、最初は

「毎日同じような生活になったら
また変化が欲しくなるかも」

って思ってたけど

 

今ではその毎日続くルーティーンが
同じようで全く同じではないことに気づきました。

 

家事にしろ、育児にしろ、
毎日同じ時間に同じようにやっているけど

その時の考え方、やり方ひとつで
最終的に得られる結果が大きく変わる。

 

家事でいえば洗濯物の畳み方1つでも

苦手だったものが楽しくなってきたり。

 

会社員時代のわたしにとって
生活の中の優先順位はいつでも仕事にあって

 

家事などの暮らしごとは
「面倒くさいけど最低限しないといけないもの」だったので
細部にまで目をとめることがありませんでした。

 

でも今は
「細部にこそ神は宿る」って言葉は
日々のルーティーン(暮らしごと)にも言えることだなぁ
と思うようになりました。

 

外側の変化より先に、自分の内側の変化を見つめてみる

先日「近くの公園が好きだから引っ越しするのをやめた」

という記事を書きましたが

 

実はその引っ越しに関しても、固定費の削減だけでなく
この「毎日の暮らしに変化が欲しい」という
わたし自身の欲求が
引っ越し熱を高めていた部分もあったんですよね。

 

でも引っ越しという「変化自体を楽しむ」ことよりも
今の暮らしの中の楽しみを大事にしようと思ったのと

 

毎日続けている断捨離によって
今の家がどんどんスッキリと居心地のいい空間に
生まれ変わっていくのを目の当たりにして

 

新たな場所に引っ越すよりも
今いるこの空間をもっとよりよくしたい、
そしてその中での暮らしのルーティーンを楽しみたい
と心の底から思えるようになったのでした。

 

だから「変化を求める」というのは

どこに視点を置くかというのが重要

 

安易に自分の外側(環境)に目を向けるより

まずは
内側(毎日のルーティーン)を細部まで見つめてみる

とてもおもしろい発見が出来るんだなぁ

と気づいたのでした。

 

終わりに。

もちろん自分から外に飛び出して

環境を変えたり人に会いに行くのも

大好きだし大事なことだけど、それだけじゃなく。

 

「変わりないように見える、日常こそが面白い。」

そんな風に、日々のルーティーンを細部まで見つめて

今の暮らしもとことん楽しみたいな、と思ってます。