実り多き人生

「早起き&朝活」で人生を変えたい人を応援するブログ

【早起きのコツ】目が覚めてもすぐに動き出せない時、シャキッと起き上がるための5つの方法。

スポンサーリンク

早起き&朝活研究家のみのりです。
人を全力で応援できる自分になりたい。「早起き&朝活研究家」始めます。

 

今日は、ほとんどの人が経験したことのあるであろう、
起き抜けの「目は覚めてるけど動き出せない」状態

 

この状態の時に何をやったらいいのかというご質問を頂いたので、
わたしが普段やっている方法をまとめてみました。

 

【目次】

目が覚めてもボーっとして動き出せない

f:id:ookiminori:20170712052439j:plain

バーベキューをこよなく愛する
BBQブロガーのマッキーさんより
こんなご質問を頂きました。

 

これありますよね~、わたしもしょっちゅうです。

 

で、そのままぼーっとしてる内に
二度寝しちゃったりするんですよね(笑)

 

たま~の二度寝で至福感を味わうのも
早起きの醍醐味だとわたしは思うんですが
いつもはやっぱり一発でシャキッと起きたいですよね。

 

目覚めてから頭と体を覚醒させるために
わたしがやっている有効な方法を5つご紹介しますね。

 

1.目覚めたら「今日はきっと素晴らしい日になる」と心の中で宣言する

目が覚めて、自分が起きたことに気づいたら
できるだけすぐにこの言葉を心のなかで唱えます。

「今日はきっと素晴らしい一日になる!」

 
早起きして朝活したいという人にとっては
早く布団から出て行動を開始することこそが
素晴らしい1日への確実な第一歩ですよね。

 

なので目覚めた瞬間にこの言葉を自分自身に宣言することで
「そのために今から起きるんだ」という
意識になり、体も起き上がる準備を始めてくれます。

【参考記事】

【朝のシンプル新習慣】一日の始まりに宣言するだけで、いつもの毎日が確実に変化する「魔法のコトバ」。 

 

2.これからやることを明確にイメージする

f:id:ookiminori:20170712052504j:plain

先ほどの宣言の後に、
今から起きてすることを頭の中に思い浮かべます。

その時に自分が取り組んでいる朝活によっても
効果は変わってくると思いますが、

自分が大好きでやりたくて仕方のないことや
本気で取り組もうと思っていることを実行している。

そんな自分を明確にイメージするだけで

条件反射的に布団から起き上がれるようになります。

 

ちなみにわたしの場合は本が好きすぎるので
「読みたくてしかたなかった本を読んでいる自分」
を想像すると、
どんなに眠くてもバっと布団から出られます。

そんな自分の習性を利用すべく、
本を買っても日中はあえて読み初めずに
寝る前にデスクの上に置いておくことも多いですよ。

こんな風に自分へのご褒美になるような、
楽しい行動を朝活の中に組み込んでおくといいですね^  ^

 

3.手足の指を動して、伸びをする

上の2つは主に頭の中でやることでしたが、
ここからは体も使って目覚めていきましょう。

 

まず目が覚めたら、
自分の手足に意識を集中させて、
手足の指をモゾモゾと少しずつ動かしてみます。

体の感覚が戻ってくるのを感じたら、
布団の中でゆっくりと膝を立てて左右に倒したり、
両腕を天井に向けて上げて、グーパーをくり返したり。

 

そうして最後に寝たままの状態で
ググーッと気持ちよく感じるくらいの伸びをしましょう。

これはわたしが通っているヨガ教室で学んだことを
寝起きの時用にアレンジしたやり方です。

 

目が覚めてもボーっとしてすぐに起き上がれない時は
横になったままで体の先端部分から少しずつ動かして
体を目覚めさせてあげる。

 

そうすることで頭が覚醒して、
起き上がりやすくなるのを実感しています。

 

4.朝こそ手短にネットサーフィン

f:id:ookiminori:20170712052814j:plain

体を使って目を覚ます方法でいえば
スマホを見ることも有効です。

就寝前のネットサーフィンやSNSチェックは
眠れなくなるのでオススメしませんが

目覚めた後にそれをすることは、
脳を覚醒させるのにとても役立ちます。

とはいえそればかりに意識を向けると、
気づいたら布団の中で30分も経っていた…
なんてことになりかねないし、

朝一番に頭に入れる情報に
思考の影響を受けやすくもなるので

場合によっては朝から気分が下がってしまう…
なんてことにもなりかねません。

なので目覚めの後に布団の中でスマホを見る時は
次の2つを意識しておくといいでしょうね。

  • 時間を短く区切る
  • 自分の気分を上げてくれる情報に触れる


あとはTwitterなどで起きた報告をするのも
「そう報告したから起きなくちゃ」と
ほどよい強制力が働くのでオススメです^  ^

 

5.柑橘系の匂いを嗅ぐ

さらに目覚めの効果を上げたい時は、
嗅覚も上手に活用しましょう。

 

わたしの一番のおすすめは
柑橘系アロマを使った朝シャワーですが…
柑橘系アロマの効果的な使い方。熱めのシャワーと共に眠気をふっ飛ばして気持ちよく1日を始めよう! 

真夏に熱いシャワーは辛いし、
まず起き上がってお風呂場に行くまでのハードルが高い。

 
そんな時は、これ!

  • 寝室の枕元に柑橘系アロマやスプレーを用意して寝る
  • 目覚めたら横になったまま匂いを嗅ぐ

気分がスッキリする柑橘系の匂いを嗅ぐだけで
頭がシャキッと目覚めてより起き上がりやすくなりますよ!

 

まとめ

目が覚めてもボーっとしてすぐに動き出せない時、
シャキッと起き上がるための5つ方法。

  1. 「今日は最高の1日になる!」と宣言する
  2. これからやることを明確にイメージする
  3. 手足の指を動かして、伸びをする 
  4. 手短にネットサーフィンする
  5. 柑橘系の匂いを嗅ぐ

 

マッキーさん、ご質問ありがとうございました!

起きたい時間に目は覚めるけど、
そこからなかなか起き上がれないなぁという時は

この方法の1つ、もしくはいくつかの組み合わせを
ぜひ試してみて下さいね。

 

シャキッと気持ちよく目覚めて、
最高の朝時間と一日を過ごしましょう♪

 

早起き研究家がおすすめする「早起き本」はこちらです。
【毎朝3時起きの私が教える】「早起き」で人生を加速させたい人が読むべき本まとめ!