実り多き人生

「早起き&朝活」で人生を変えたい人を応援するブログ

「悩みや心配事で、朝起きられない」。そんな時、早起きの代わりにわたしがする4つのこと。

スポンサーリンク

早起き&朝活研究家のみのりです。

 

前回の記事では、
悩み事や心配事で朝起きるのが辛い時、
わたしがどうするかについて書きました。

わたしの対処法は
無理して起きない。むしろいつもより寝る!
というものだったのですが… 

早起きを手放している期間中に、
いつもより意識して心がけていること
もあります。

今日はその4つのことについて書いています。

【目次】

1.朝の太陽はしっかりと浴びる

f:id:ookiminori:20170722121126j:plain

早起きしていないときも、
午前中の太陽の光をしっかり浴びておくことって大事です。

太陽光を浴びると体内で
セロトニンという物質が増えるのですが

このセロトニンは「精神の安定」や
「睡眠の質」に深く関わっているそうです。

なので、悩みや心配事で気持ちが落ち込んでいる時こそ、
午前中に軽く散歩や外出をして
太陽の光を浴びるようにしています。

 

最近読んだ『スタンフォード式 最高の睡眠
という本にも書いてありましたが、

雨や曇りで太陽が見えなくても、
窓を開けたり外に出ることで
体に必要な光の成分はちゃんと届くそうですよ。

 

2.自分を大切にする時間を長めにとる

自分が大好きなことや、
やっていて体が気持ちいいと感じたり
気分がホッと落ち着くこと。

 

そんな風に自分自身を大切にするための時間を
いつもより長めに確保するように心がけています。

 

わたしの場合はお風呂と読書が好きなので
気分が落ち込んでいる時はお風呂場に本を持ち込んで
じっくり半身浴をする時間を作っています。

 

汗をかきながら本の世界に集中している間は
悩んでいることを頭の中から追い出しているので

半身浴が終わった後は頭と体がスッキリしていて、
心も少し軽くなるのをいつも実感しています。

 

【参考記事】
【運動嫌い必見】半身浴は「情報収集」と「体のリフレッシュ」を同時に叶えるライフハック! 

 

3.軽い運動をする

f:id:ookiminori:20170722144952j:plain

上の2つにも関連するのですが
気分が落ち込んでいるときは
まずは心よりも体のメンテナンスに集中するようにしています。

体と心は繋がっているので、
心だけを見ていたら混沌としている状態でも

体を心地よい状態にしてあげることで
心もいつの間にか整ってくる、ということが
驚くほどよくあります。

体のメンテナンスというと、
マッサージとかもありなんですが、
一番いいのはやっぱり軽く運動したり汗をかくこと。

 

わたしは元々運動がそんなに得意ではないので
気分が落ち込みすぎて動くのも嫌な時は
まず半身浴✕読書でラクして汗をかきます(笑)

それで体が軽くなったのを実感して、勢いをつけてから
軽く外に出て歩いてみたり…という感じで

自分にとってムリのない範囲で体を動かすことで
いつの間にか気分も安定してきた…というのが
わたしが落ち込みから回復する時の流れです。

 

【参考記事】
「最近なんだかやる気がでない」あなたへ。負のスパイラルから抜け出して、やる気を取り戻す6つの方法。 

理由なく気分が落ち込んだときの対処法。15分散歩&1分ダッシュで体と心を整える。

 

 4.一日の始まりと終わりに「感謝」の時間をとる

これは最近毎日している
とてもお気に入りの習慣なのですが…

夜寝る前にその日一日の中で特に素晴らしかったことを3つ
布団のなかでリストアップしてから寝ます。

そして朝起きたら、
「今日も素晴らしい日になる」と心の中で宣言して
いつも書いているモーニングページの一番最初に
昨日素晴らしかったこと3つを書き出しています。

【参考記事】
【朝のシンプル習慣】『「感謝」で思考は現実になる』を、30日間実践して思い知ったこと。  

【1日の始まりに】「モーニングページ」✕「感謝の習慣」の相性がとても良かった話。

 

日々の暮らしの中では調子が出ない日もあるけれど
この朝夜の習慣を始めてからは、
どんな日も良い日だったなぁと思えるようになってきて

いつもの毎日の中にあるごく当たり前のことでも
ありがたいなぁと思うことが増えてきました。

「思考は現実化する」というのは、
まさにこういうことなのか、と腑に落ちた感じ。

今後悩みや心配事を抱えたときも、
この習慣を継続することで、
心がホッとする時間を持てるだろうと確信しています。

 

おわりに

まとめると、
悩みや心配事で朝早く起きれないときのわたしの対処法は…

無理して起きない。むしろいつもより多めに寝る。

 

そしてその代わりに
やるようにしていることは、

  1. 朝の太陽はしっかり浴びる
  2. 自分を大切にする時間を長めにとる
  3. 軽い運動をする
  4. 1日の始めと終わりに「感謝」の時間をとる

 

わたし自身、気分の波が激しく
悩みやすい人間だという自覚があります(笑)

でも、人間生きていれば
波があるのが当たり前、なんですよね。

波にぶつかったときに大切なのは
ムリに頑張ってその波を越えようとするのではなく
体と感情に寄り添って、力を抜いてたゆたうこと。

そうするといつの間にか心が整ってきて、
暮らしをより良くするための早起きを
また楽しめるようになってきます。

 

わたしなりの早起きとの向き合い方が
質問者さんの参考に1つでもなれば嬉しいです。

皆さんからのご感想やご質問も、お待ちしています♪