「2Months早起きキャンプ」開始10日目のわたしの気持ちと、参加者メンバーの感想を紹介。

朝活&早起き
\オンライン無料個別相談会、残枠わずかです!/
“3月後半無料個別相談会

早起き&朝活研究家のみのりです。

この3月から、「早起きの習慣化」と「自分と向き合うこと」により集中して取り組むための実践的コミュニティ「2Months早起きキャンプ」をスタートさせました。

【募集終了しました】2ヶ月で早起きスタイルと自分軸を整える「2Monthsオンライン早起きキャンプ」を開催します!

この場ではわたしも含めて25名の女性たちがオンラインで毎朝朝活の報告をしあったりメンバー間の交流を楽しんでいます。

今日で10日目のこの早起きキャンプですが、メンバーさんが続々と参加レポートを記事でアップしてくださっています。

今日はその紹介と、わたしが今感じていることを書きますね。

「2Month早起きキャンプ」参加レポート記事紹介

f:id:ookiminori:20180310040334j:plain

まずは早起きキャンプ参加メンバーさんから頂いた感想記事を紹介します。

早起きキャンプへの参加を通してやりたいことを明確にされた菜子さん。


MEC食ダイエットに挑戦中のぐりさん。


この3月からワクワクする夢に挑戦中のCoCoさん


参加して1週間後の素直な気持ちを書いてくれたきいろさん


早起きキャンプでの活動内容についても、
とっても分かりやすく書いてくれたゆきさん。

朝活サロンの初期メンバーで、
今回トレーニーも務めてくれているゆきのさん

早起きキャンプにえいっと飛び込んでみたら
思ってもいなかったことが起こった、さくらもちさん

参加メンバーの記事を読んでいると、それぞれのペースでキャンプと早起き生活を楽しんでくれているのがわかるので、私もとっても嬉しいです♪

「早起き習慣」と「自分と向き合うワーク」で人生は加速する

この2ヶ月早起きキャンプでは毎週の「早起きPDCA」と「週間ワーク」への取り組みがあることが大きな特徴です(強制ではありません)。

週間ワークの第一週目のテーマは

「早起きと朝時間を通して、2ヶ月後になりたい自分を思い描く」

実際にこのワークに取り組んだメンバーさんたちからは、こんな感想を頂きました。

今まで未来の自分や「こうなったらいいな」ということを明確に考えたことがなかったので、自分と向き合うのが難しかった

でも勇気を出して書いてみたら、自分が書いた未来にとってもワクワクしてきた!

自分だけでなく、みんなのワーク投稿を読んでもワクワクしてきて、刺激をもらえる!

特にそれまで毎日の生活をこなすことで精一杯だった方にとっては、この「自分と向き合うワーク」は骨が折れるものだと思います。

わたし自身にも経験がありますが、目の前の生活でいっぱいいっぱいで時間にも心にも余裕がない時は、少し先のことにさえ目を向けるのは本当に難しいもの。

だけどそれでも朝の時間などを活用しつつ、ワークに取り組んでくれるメンバー1人ひとりに、凄いなぁとわたしは心から尊敬します。

そして実際に「なりたい未来」を言葉にして書いてみたことで…

それまで頭の中だけで「できたらいいなぁ…」と思っていたことに対して、実現するための具体的な行動をサクッと起こされた方もいて、その行動力に感動しました!

キャンプ開始10日目にして、少しずつ人生が加速していっているメンバーの姿を見ることで、わたし自身ももっともっと毎日を楽しんでいこう!と大きな刺激をもらっています。

おわりに

もちろん人それぞれのペースや波がありますし、同じ「早起き」というツールを使っていても、目指すゴールは人それぞれです。

最初のスタートダッシュは気合いで早起きできても、そろそろちょっと疲れが出てきた人も多いかもしれません。

今、上手くいかなくてもどかしい気持ちを抱えていたとしても。

自分が「楽しい、心地よい」という感覚を何よりも大事にして、それぞれのやり方とペースで早起き生活を楽しんでいってほしい。

そうすればきっと2ヶ月後には、なりたい未来に近づいている自分の姿に気づくはず。

そしわたし自身もメンバーから刺激をもらいつつ、自分の体と頭と心の感覚を大切に、その日その日の自分にとって心地よい朝活と自分時間を楽しんでいきたいです♪

早起きキャンプの次回募集は4月下旬を予定しています。

コメント