読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

実り多き人生

早起き&片付け・断捨離で、自分らしい人生をつくるブログ

より少なく、より良く暮らすために。自分がやるべきだと思っていることをやめてみる。

スポンサーリンク

今の自分にとって
本当に心地よい暮らしを再確認したい。

 

そのために身の回りのモノやコトを
「より少なく、より良く」していこう。

 

自分がどんな暮らしを目指したいのか分からない時は、減らすことから始めよう。 

 

最近改めてそう決意したわたしは
いつもは自分がやるべきことだと思っていた
あることをやめてみることにしました。

 

洗濯物を畳むのをやめた

f:id:ookiminori:20160809161626j:plain

少し前に夫の仕事環境が変わり
平日に夫が家にいる時間がほとんどなくなりました。

 

それまでは夫婦でそこそこ分担していた家事や育児も
ほぼ100%わたしが担うことになり。

 

夫が仕事に集中できるようにと
最初は当たり前のように1人でやっていたのですが…。


元々のキャパが極小すぎるわたしにとって
今まで分担していた家事育児を一気に全て引き受けることは
思った以上にストレスのたまることだったようです。

 

徐々に気分が落ち込んだり
イライラしがちな日が増えるように。

 

ある日、その原因に思い当たったので
とりあえず、自分がやるべきだと思っていたことの1つ
「洗濯物たたみ」をやめてみることにしました。

 

やめても全然問題なかった

わたしが洗濯物を畳まなくなったことで
困ったことには全くなりませんでした。

 

試しに夫に頼んでみたら
夜、テレビを見ながら畳んでくれるようになりました。

 

元々わたしは洗濯物を畳むのが苦手。

逆に夫はとても得意なので 
特に負担には感じないようです。

 

思い込みが自分を追いつめていた

好きでも得意でもない洗濯物畳みを

わたしがやるべきことだと自分で思い込んで
無理してやるからストレスになっていただけ…。

 

その間のイライラを
ついつい夫にぶつけてしまったりもしました。
(夫ゴメン)

 

でも、このことをきっかけに
「全部一人でやらないと」と頑張りすぎて
自分で自分を追いつめていたことが分かりました。

 

思い込みを手放す「がんばらない成長論」

そんなわたしが今、試しているのは
できるだけ、ダラダラすること 笑

 

無意識にがんばりすぎる癖のあるわたしですが
心屋仁之助さんのがんばらない成長論をお手本に
このお盆休みはダラダラすることを満喫中です。

 

ダラダラを満喫するということは
今まで「やらなくちゃ」と思っていたことを
手放すこと。

 

それは「より少なく、より良く」の精神にも
繋がっていると感じています。

 

不要なモノはもちろん
不要な思い込みも手放すことで
自分自身をより良く成長させていきたいです^ ^