読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

実り多き人生

なりたい自分と未来をつくる、自分時間の作り方。

1日は24時間以上にはならないけど、「朝活」で体感時間は増やすことができる。

スポンサーリンク

あなたは毎晩寝る時間が来るたびに、
こんなことを思っていませんか?


今日もバタバタしている間に、
あっという間に1日が終わってしまった。

1日が24時間以上あれば、もっと色んなことが出来るのに…。

 

1日は誰にとっても平等に24時間しかなく、
それ以上増やすことはできません。

 

ですが、自分が時間を感じる「体感時間」
24時間以上に増やすことは可能です。


その方法は「朝活」をすること、なんです。

 

【目次】

大人になると時間が早く経つように感じるのはなぜ?

f:id:ookiminori:20170114070354j:plain

大人になると、
子どもの頃よりも時間が早く経つように感じますよね。

子ども時代の夏休みなんて、とても長く感じたのに、
大人になってからの1年、3年はあっという間に過ぎていく…。

 

それは一体なぜなのか?
脳の仕組み的にいうと

  • 同じことを繰り返すことが多くなるから
  • 体験に新鮮味がなくなるから

というのが大きな理由のようです。

 

体感時間を増やすためにはどうしたらいい?

では子ども時代のように、
時間を長く感じるためにはどうすればいいのか?
それは、先程あげた理由と反対のことをすればいいのです。


【参考記事】

脳の仕組みを知れば、1日を24時間以上に延ばすことだってできる | ライフハッカー[日本版]

新しい情報をたくさん受け取ると、脳が処理し終えるまでに少し時間がかかります。そしてこの処理に時間がかかるほど、時が長くなったように感じるのです。 

引用:脳の仕組みを知れば、1日を24時間以上に延ばすことだってできる | ライフハッカー[日本版]

 

あっという間に過ぎてしまう毎日に
待ったをかけて、体感時間を増やすには

・新しいことを学び続ける

・新しい活動にチャレンジする

といったことが必要なんですね。

 

「朝活」で、体感時間は24時間以上になる!

f:id:ookiminori:20170114070420j:plain

そこで、1日の体感時間を増やすために、
わたしが断然おすすめしたいのが「朝活」です。

 

ただ早起きをするだけでなく、
その1人時間を使って自分がやりたかったことに挑戦すること。

 

これによって、
体感時間は24時間以上になるということを
わたしは1年間の朝活経験から学びました。

 
以前は仕事と家事と子育てに忙殺されて
高速回転であっという間に過ぎ去っていたわたしの時間でしたが

早起きをしてブログと読書に没頭したこの1年間は
過去の10年間とは比べ物にならないくらい濃密で
時間がたっぷりとあったように感じています。

 

朝の「時間の先取り」が体感時間を増やす

新しい活動への挑戦が体感時間を増やすのなら
別にそれは朝じゃなくてもいいじゃないか、
と思われるかもしれません。

 

それでもわたしが朝活をすすめたい理由。

そのキーワードは「時間の先取り」にあるのです。

 

長くなりそうなので
これについてはまた次回の記事でお話しますね。

 

あっという間に過ぎていく毎日を
濃密で充実感に満ちたものに変えたいと思ったら。


ぜひ30分でも1時間でも早起きして、
朝活を始めてみてくださいね。



【追記】時間の先取りについて、書きました。
「1日があっという間に終わる」という焦りから抜け出したいなら、『時間の先取り』を始めよう。 

 

早起きのコツはこちらを参考に。

毎朝3時起きの私が教える、早起きを習慣化するための6つのコツ - 実り多き人生