読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

実り多き人生

なりたい自分と未来をつくる、自分時間の作り方。

「1日があっという間に終わる」という焦りから抜け出したいなら、『時間の先取り』を始めよう。

朝活&早起き
スポンサーリンク

毎朝3時前に起きている、
超早起きブロガーのみのりです。

 

やりたいことが出来ないまま今日も1日が終わる。
1日が24時間以上あればいいのに。

 

そう思うあなたが、体感時間を増やして
充実した毎日を送りたいと思うのなら

  • 新しいことを学び続ける
  • 新しい活動にチャレンジする

といったことが必要だという話を
昨日の記事で書きました。

1日は24時間以上にはならないけど、〇〇で体感時間は増やすことができる。

そしてその「新しい活動への挑戦」は
朝の時間を活用するのが大きなポイントだと
わたしは考えています。

今日はその理由について書きますね。

 

【目次】

人は「やりたいこと」よりも「やるべきこと」を優先する

f:id:ookiminori:20170115084516j:plain

人は「やりたいこと」よりも
「今やるべきこと」を優先してしまうもの。

  • 読書
  • ブログ
  • 断捨離
  • ランニング
  • 資格の勉強…etc

必ずしも今やるべきことではないけれど
自分がやりたいと思っていること。

 

それをいつもの1日のどこかに時間に入れ込もうとしても
結局「やるべきこと」のタスクに追われて
「やりたいこと」が何も手につかないまま日々が過ぎていく。

 

わたしだけでなく、
誰しもこんな体験をしたことがあると思います。

 

だからこそ、自分が本当にやりたいと思う
新しい活動を始めて、継続させるためには
「時間を先取りすること」が大事なのです。

 

「時間の先取り」が体感時間を増やす

f:id:ookiminori:20170115084623j:plain

毎朝、仕事に出かける準備を始める時間や
夫や子どもが起きてくる時間。  

そんな
いつもの1日ルーティーンが始まる前に起きて
やりたいこと(=朝活)をする時間を作る。

 

そうやって自分が本当にやりたいことに
時間を先取りして取り組むことで


他の「やるべきこと」に邪魔されることなく
「自分のための時間」を味わうことができるのです。

やりたいことを朝一番にやると、
朝から心が満たされて、ワクワクしてきます。

 

そのワクワク感が、体感時間を増やすことにつながり、
「時間がない」と焦る心から開放してくれるんですね。

 

「もう時間がない」から「まだ時間がある」へ

f:id:ookiminori:20170115084542j:plain

毎日のルーティーンの前に
時間を先取りしてやりたいことに取り組むと
心に余裕が生まれてきます。

 

朝活の後にいつもと同じような1日を過ごしたとしても
「時間がある」ことを実感するようになるのです。

 

いつもは慌てて起きて、
ご飯をかきこんで仕事へ出かけていた朝も、
「少し時間があるから
コーヒーを一杯飲んでいこうかな」と思えたり。

 

子どもたちに「急いで食べて!着替えて!」
と毎日急かしていたのが
「まだ時間があるから、少し子どもたちを待ってみよう」
に変わったりするのです。

 

不思議ですよね。

 

ですが、朝活で時間を先取りして
自分がやりたいことのための時間を確保できていると

その後一日の時間に対する自分の意識が
「もう時間がない」 から「まだ時間がある」へ
確実に変化していくのです。

 

そしてこの時間感覚がとても心地よいことが
わたしが1年以上、超朝型生活を続けられている
理由の1つだなぁと思っています。

 

終わりに

「1日があっという間に終わってしまう。」

そんな焦りは
本当はやりたいことがあるのに
やるべきタスクばかりに追われて出来ていない
という不完全燃焼な気持ちから生まれるもの。


今年こそ、そんな焦りを解消して
子どもの頃のように毎日の時間を
ワクワク感あふれる濃密なものにしたいと思ったら。

 

1日1時間でも、30分でも早起きして
時間の先取り=自分のための「朝活」を始めてみませんか?

 

朝の自分時間を充実させて
「時間がない」から「時間がある」に
毎日を変えていきましょう!

 

早起きのコツや、オススメ本についても書いてます。

毎朝3時起きの私が教える、早起きを習慣化するための6つのコツ 

【毎朝3時起きの私が教える】「早起き」で人生を加速させたい人が読むべき本10+1冊!