実り多き人生

「早起き&朝活」で人生を変えたい人を応援するブログ

【わたしの早起き&朝活】目覚ましなしで5時起床。毎朝の丁寧な問いかけで、やりたいことがわかってくる。

スポンサーリンク

早起き&朝活研究家のみのりです。

 

今日は、わたしが主宰している朝活女子サロンのメンバーであるゆきの(せんぴー改め) (@2001senpea)さんに、ご自身の早起きと朝活の楽しみ方について、寄稿記事を書いて頂きました。

 

「目覚まし時計で起きるのが嫌い」というゆきのさんの早起きのコツや朝活の楽しみ方が満載のこの記事。

 

これから早起きや朝活を楽しみたい!と思っている方の参考になること間違いなしです♪

【目次】

はじめに

みのりさん主宰の朝活女子サロンに参加し、朝活を楽しんでいる「せんぴー」です。

 

40代、夫と二人暮らし。 パートで週に3~4回、仕事をしています。

 

大人二人の暮らしで、時間的な余裕はあります。

 

朝活女子サロンの仲間には、みのりさんのように子育て真っ最中、朝以外には一人時間の確保が難しい人も多いです。

 

私の場合は、朝以外にも一人の時間は取れますし、朝活で行っていることは日中や夜できることです。

 

 「それなら、わざわざ早起きしなくても、良いじゃない?」と思いますよね。

 

でも朝活は、わたしにとって大切な、なくてはならない時間です。

 

そんなわたしが、早起き&朝活を続けている理由と早起きを続けるコツをご紹介します。

 

わたしの朝活スケジュールと朝活の内容 

f:id:ookiminori:20171118103719j:plain

わたしの朝活は、5時から5時30分の起床ではじまり、7時に終了します。

 

7時からは、洗顔・軽いお化粧・着替えなどをはじめます。

 

夫の起床時に、身支度を整えておきたいので、その日の予定に関わらず、7時に朝活終了を心掛けています。

 

朝活の内容は、

  • 手帳記入(朝の体重、体脂肪、起床時間、基礎体温、前日のいいこと日記)
  • モーニングページ記入
  • ラジオ体操
  • プランク
  • 朝日記

この5つがルーティンで、かかる時間は30分から40分。

 

残りの1時間から1時間半は、その日にやりたいことをやっています。 

  • 読書
  • 本ノート記入
  • 編み物
  • 写経
  • 朝活サロンへの書き込み
  • 前週の振り返りや次週のtodoなど手帳記入
  • お財布の整理
  • 月末月初にお金のまとめ
  • やっておいたら気分が楽になる夕食準備

など、その日の朝、決めています。

 

目覚ましなしで5時起きするコツ

f:id:ookiminori:20171118103755j:plain

毎日早起きしているわたしですが、目覚ましで「ビクッ!」となって起きることが大嫌い。

 

この毎朝のストレスが嫌で、今、目覚ましなしで起きています。

 

以前は、二度寝が常習でした。 6時(当時は6時起床が目標)に目覚ましが鳴り、スヌーズを何度も何度も止めて、30分から40分後にやっと起きる…という感じ。

 

そんなわたしが、どうやって目覚ましなしで5時から5時30分に必ず目覚めるようになったのか、そのやり方をご紹介します。

  1. 予定がない朝は、目覚ましをかけないで、自然に目が覚めたとき起きる。何時間寝たか、自分の快適な睡眠時間を認識する。
  2. その睡眠時間を確保するためには、何時に寝る必要があるのか、起きたい時間から推測する。
  3. 推測した就寝時間をひたすら守る。

これを数ヶ月かけてやってみました。 すると、わたしは7時間から7時間半の睡眠で、自然覚醒することがわかりました。

 

そこで23時~0時就寝だったのを22時就寝にしました。

 

お布団に入るのを1~2時間早めるのは、案外大変です。 夕食や入浴、その間やその後に、ちょっとテレビ、ちょっとネットサーフィン、あっという間に0時になります。

 

22時就寝を守るには「22時に寝る」と意識して、夜時間を過ごすことが大切です。

 

ただ、睡眠時間の推測には、ちょっと時間が掛かります。

 

その間、目覚ましの「ビクッ!」がつらいので、目覚ましが鳴る10分前に、光目覚まし(セットした時間までに、30分ほどかけてライトが徐々に明るくなる目覚まし)をかけていました。

 

光目覚ましで起きられると、快適に起きられるので、光と音の目覚まし併用はオススメです。

【参考商品】

 

朝活は「今やりたいこと」を知る時間

f:id:ookiminori:20171118103840j:plain

ストレスなく早起きできるようになって作れた朝活の時間。 わたしは朝活のおかげで、自分がやりたいことに敏感になれました。

 

朝活の時間は「やりたいことをやる時間」と決めています。

 

「やりたいこと」をやるためには「やりたいこと」がわからなければいけませんよね。

 

朝活を始めたころのわたしは「自分が本当にやりたいこと」がはっきりわかっていませんでした。 

 

そのせいか、せっかく作った朝の時間がネットサーフィンで終わってしまうことも…。

 

なんとなく「やりたいな」と思うことはたくさんありました。 でも「本当にやりたいこと」「今、この時間にやりたいこと」がはっきりしていなかったのです。

 

だから「時間がいくらあっても足りない」「朝活の時間が足りない」と思っていました。

 

でも「時間が足りることなんてないんじゃない?」「時間が足りないと思うなら、やりたいことだけをやらなければ」と気づき「今やりたいこと」を自分に問い直しました。

 

今は毎朝「今朝は何をする?」と自分に問いかけています。

 

ルーティンの5つも「今朝は気分じゃないから、モーニングページはなし」「体調イマイチだから運動系はお休み」と流動的です。

 

朝活内容を毎朝問い直すことで、やりたいことに焦点をあてられる。 やりたいことへの感度が上がるので、わたしには朝活が必要なのです。

 

おわりに

早起きを続けるには

  1. 就寝時間を守って睡眠時間をしっかり取る
  2. 今本当にやりたいことを毎朝問い直す
  3. 朝活時間はやりたいことだけをやる

ことが大切です。

 

早起きできた日には「やりたいこと」を朝一番の自分に問いかけて欲しいです。

 

「やりたいこと」ってふとした瞬間に思いついて、ふっと消えてしまっていませんか?

 

朝、やりたいことを自分に問いかける。 ちょっと立ち止まり、意識することで「今本当にやりたいこと」が明確になってきます。

 

早起きしたら「今、本当にやりたいことは何?」と自分に丁寧に問いかけましょう。

 

その問いかけで、心からやりたいことがわかってきます。

 

生活をちょっと工夫すれば、やりたいことが見えてくる、朝活時間があなたにも作れます。

 

いつもより早く起きられた日だけでもやってみようかな…そんなふうに思ってもらえたら嬉しいです。

 

わたしは、これからも毎朝「本当にやりたいこと」を自分に問いかけていきたいです。 きっとやりたいことは変化していくでしょう。

 

そんな変化を敏感に感じ取りながら、毎朝の朝活をこれからも楽しんでいきます。

 

この記事を書いた人

f:id:ookiminori:20171118101649j:plain
ゆきのさん

40台女性。ご主人と2人暮らし。

ブログmy letter 〜妹たちへ〜」では、「サレンダード・ワイフ」「ルールズ」「ジョン・グレイ」をキーワードに、パートナーと幸せに暮らすためのコミュニケーションのコツについて発信中。

twitter:ゆきの(せんぴー改め) (@2001senpea)

好きな食べ物は、青魚全般

好きな言葉は「感謝」