実り多き人生

「早起き&朝活」で人生を変えたい人を応援するブログ

【朝活のコツ】早朝の自分時間を極上のものにするために、心がけたい3つのシンプルな工夫。

スポンサーリンク

早起き&朝活研究家のみのりです。

人間の集中力が1日のうちで最も高くなるのは
朝起床してからの2時間だと言われています。

今日は早起きして作った早朝のゴールデンタイムを
最大限活用して極上の時間にするために
心がけたい3つのシンプルな工夫について紹介します。

 

【目次】

工夫① 前日のうちに朝活で取り組むことを決めておく

f:id:ookiminori:20170720153929j:plain

朝起きてすぐに朝活に集中出来る環境を作るには
事前準備がかかせません。


資格や英語の勉強など、
長期的なタスクに取り組んでいる時以外は、
夜寝る前までに翌日の朝活でやりたいことを決めておくことが大切です。

 

わたしは朝一番にやっている「モーニングページ」以外に
朝に読む本を前日に机の上に用意したり
翌朝にやりたいことリストを付箋に書きつけてから就寝します。

朝活でやりたいことを明確にすることで
起床後寄り道することなくすぐに取り掛かれます。

同時に早起きのモチベーションもグッと上がるので
一石二鳥ですよ♪

 

工夫② 朝活では特にインプットを大切にする

元々わたしはブログを書く時間を捻出したくて
早起きを始めました。

なので今でも朝時間にブログを書くことが多いですが、
最近は早朝こそ集中力が必要になる
インプットを大切にしたいと考えています。

 

特にわたしにとって大好きな読書に
一番集中して取り組めるのが朝の時間。

 

本を読む → 気づきや学びをノートにまとめる

 

という、読んでただ終わりにするのではなく
時間がかかるまとめの作業こそ、
朝の集中力を使ってどんどん進めていきたいと思っています。

 

また、一日や週間の予定を書き出したり、
立てている長期&短期目標への進捗チェックも
朝時間にやるように心がけています。

 

工夫③ 朝活前に朝食はとらない、または軽めにすます

f:id:ookiminori:20170721044955j:plain

読者の方から頂いたご質問に
「早起きしてお腹が空いたとき、どうしてますか?」
というものがありました。

早く起きれば起きるほど、お腹は空くものですが
わたしの場合は朝食をとると眠気を感じやすくなるので
基本的に朝活前に朝食はとらないようにしています。

 

もちろん朝活開始時間が朝6時などであれば
朝食をとってから朝活した方が良いと思いますが…

朝3時~5時の間に朝食を食べてしまうと
ご飯の時間がズレてしまうし胃が持たれる感じもするので
朝食は家族と一緒に食べる6時台まで待っています。

水分はお白湯や、たまにコーヒーを飲んでいますが
最近は暑いこともあり、炭酸水がお気に入り。

炭酸水を飲むと胃も膨らむので
空腹感をほどよく和らげながら
朝活に集中できるので重宝しています♪

 

とはいっても早い時間の朝活で
空腹感が強くて集中の妨げになるのであれば…

朝時間が自分に革命をおこす 人生を変えるモーニングメソッド』という本でも紹介されていた、
スムージーや果物などで軽く朝食を摂るのも良いかもしれませんね。 

 

消費量が増えてるのでまとめ買いを検討中…

 

 

まとめ

早朝の自分時間を極上のものにするために、
心がけたい3つのシンプルな工夫。

 

  1. 前日までに取り組むことを決めておく
  2. 朝活ではインプットを大切にする
  3. 朝食はとらない、または軽めにすます

 

ピンときたものがあれば、
あなたの最高の朝活のためにぜひ今日から取り入れてみてくださいね^  ^

 

極上の朝時間を過ごすヒント満載の本。オススメです!