実り多き人生

「早起き&朝活」で人生を変えたい人を応援するブログ

成長したい自分も、立ち止まっていたい自分も、どっちも自分。

スポンサーリンク

私は元々、
「成長したい!」という欲が強い人間です。

だから本や初めての場所や人との出会いで
新しい刺激を得ることに心からワクワクします。

 

だけど、「もっともっと学び、成長したい!」
という気持ちばかりが先走ってしまうと
あふれる向上心に今現在の自分がついていけず
心が消化不良を起こしてしまう。

 

そんな時の自分自身との向き合い方について
今日は考えてみました。

 

【目次】

現状維持や、後退することへの恐れ

f:id:ookiminori:20170415052904j:image

以前は心が消化不良を起こして動けなくなると
そんな自分を「弱いなぁ、ダメだなぁ」と
責めているわたしがいました。

 

成長することは人生にとってプラスになることで、
現状維持や後退はマイナスなこと。

 

長い間ずっとそんな風に思い込んでいたから。

 

特に会社員時代は、自分に本当に自信がなくて。


常に学ぶ姿勢、チャレンジ精神を周りに見せて
「この人は向上心が高い」と思われることでしか
自分の居場所を確保できない自分がいたなぁ。

 

今振り返るとそんなふうに思います。

 

常に目標を持って成長している自分だから、
周りはついてきてくれたり応援してくれるのであって

立ち止まってたり、
ましてや後戻りしている自分なんて

誰も相手にしてくれるはずがない
と、本気で思っていたのです。

 

成長したいのも、立ち止まっていたいのも、どっちも自分

f:id:ookiminori:20170415054149j:image

だけど、ようやく最近になって
その思い込みを手放せるようになってきました。

 

エネルギーが心の底からフツフツと湧き出して
もっと学びたい、
もっと新しい世界を知りたい
とワクワクするのもわたしだけど。

 

なにをするにもエネルギーが足りなくて
もう何にもしたくない、
道端の草木を見ながらひたすらボーっとしていたい
と電池が切れた状態になっているのも同じわたし。

 

そして電池が切れているからといって
その電池の充電完了時間が分からないからと言って
わたしという人間の価値が減ってしまったかといえば。

 

決してそんなことはないのです。

 

そもそも
「成長」の方に価値があるなんて思い込んでるから
こんな発想になってしまうのだけど

 

出来ていないときの自分にばかりフォーカスして
勝手に自分の価値を値下げしてしまっていたのは
わたし自身だった。


自分の外側や内側がどんな状態にあろうと、
自分はただ自分であって、
それ以上でもそれ以下でもない。

 

人の存在がそのときの状況や状態によって
減ったり増えたりすることは1ミリもないんですよね。
(体重は減ったり増えたりするけど 笑)

だから、どんな自分も全部まるごと
そうなんだねと受け止めてしまえば良い話だったのです。

 

自分に◯✕をつけない。ただ、感じる習慣をつけること

f:id:ookiminori:20170415052938j:image自分が立ち止まっていたいと思ったり
そう思うより前に体が動けなくなってしまった時。

 

そんな時に、早く動き出さないと!
と焦っても泣けてくるほどに逆効果で。

 

それよりもなによりも、
立ち止まっていたい自分、動けなくなった自分を
ただただ見つめて、感じることが大切。

 

そんなことを最近実感しています。

 

ちょっと前に立ち止まった時も、
なにかをしよう、しなくちゃと思うのはやめて。

 

朝目覚めた時や、ゆっくり外を散歩している時に
今日の自分はどのくらいエネルギーを持ってるかな。
調子がいいときの35%くらいかなぁ。

 

なんだか自分に自信がなくて、足元が心もとなく感じるなぁ。
これってどうしてそう思うのかなぁ。

 

あぁ、そうか。
あれが出来ていない自分はダメだと思っていたんだな。

なんて風に、
自分の心と体の状態を
ただひたすら感じる習慣をつけること。


そうすることで
自分自身に自分で◯✕をつけることなく、
客観的にわたしという存在を観察することが出来ました。

 

そしてそんな風に過ごしていたら、
人の応援をしているとエネルギーが沸いてくる
という大きな気づきに繋がったのでした。

 

おわりに

成長したいと思う自分も、
このままずっと立ち止まっていたいと思う自分も、
どっちも自分。

 

どちらにしろ元々人間はほおっておいても
勝手に成長するように出来ているようです。

 

だから一見、
立ち止まったり後退してるように見えるときだって
実は色んな気づきを得て勝手に学んでるし

学びたい!とワクワクしている時は
それこそスポンジのようにジューッと一気に吸収出来る。

 

どっちのプロセスもあるから
極端に走らずに心と体のバランスをとりながら
学びを本当の意味で身につけて生かせるようになるわけなので。

 

だから、どっちの自分も大丈夫。

 

成長欲に振り回されて
時に息切れして疲れてしまうわたしとあなたに。

 

それだけ言いたくて、書きました。

 

こんな記事も書いています。
「置かれた場所」ではなく「咲きたい場所」で咲くために、今からできるたった1つのこと。 

 

何度も読み返すと次第に心がユルんでくる本です。