実り多き人生

「早起き&朝活」で人生を変えたい人を応援するブログ

健やかでゴキゲンな毎日を過ごすために、朝時間で整えたい3つの要素とは。

早起き&朝活研究家のみのりです。

 

お久しぶりの投稿になりましたが、わたしは変わらず元気にしています!

 

ブログ更新をお休みしている間も、早起きオンラインキャンプ2ndの仲間と共に、早起き&朝活生活を楽しんでいましたよ~。

 

さて今日は、早起きキャンプのチャット会で少しお話した時にメンバーさんからご質問を頂いた「3つの要素を意識した朝時間の使い方」について紹介させていただきます。

 

わたし自身が日頃から意識している、朝時間で整えたい3つの要素とその方法についてお話させていただきますね。

【目次】

朝時間で整えたいのは「思考」と「感情」と「身体」のバランス

f:id:ookiminori:20180518153430j:plain

わたしが朝時間を過ごす時にとくに意識しているのは、自分自身が持っているこの3要素のバランスを整えることです。

  • 思考
  • 感情
  • 身体

 

朝のひとり時間を使って、自分自身の暮らしや心を整えたいと思った時に、一番最初に始めたのが、ブログとモーニングページでした。

先日、編集長をしているWebメディア「me:paka」でインタビューして頂いたのですが↓

me:paka編集長インタビュー①|仕事と育児の間で路頭に迷っていた私が「本当の自分」を知ったきっかけ – me:paka


育児と仕事の間で自分自身の人生の方向性が全くわからなくなってしまった約2年半前。

 

頭の中でぐちゃぐちゃにこんがらがった「思考」を整理するために、わたしは「書く」という行為を習慣化させ始めました。

 

モーニングページやブログを通して、その時の自分が考えていることを文章に落とし込んでいくことで、少しずつ頭の中のモヤモヤが整理されて余白が出来てくるのを実感しました。

 

そしてその習慣を通して、自分自身が日々の仕事や家族との時間、一人になった時にどんな「感情」を感じているのか、ということにも意識を向けることが出来るようになってきました。

 

最初はモーニングページやブログで、自分が思考していることや感じている感情などをひたすら外にアウトプットし、それを客観的に見つめることだけに朝のひとり時間を使っていました。

 

そしてそれが自分の中で習慣として身についた後に始めたのは、「身体」を整えること。

 

朝ランやヨガ、ストレッチ、瞑想、筋トレなど、身体を心地よく動かす活動をその時々の気分に応じて行ってきました。

 

わたしは日々の暮らしの中でこの「思考」「感情」「身体」の3つのバランスがちょうどよくとれていると、スッキリした気分で前向きに過ごすことができます。

逆にこの3つの内のどれかのバランスが崩れると、身体と心が不調状態に陥りやすいともいえます。

 

なので今でも毎日の朝時間の中に、この3つの要素を整える活動をルーティンとして組み込んでいます。

 

どの要素から整えても、他の要素に良い影響を与える

わたしは早いときで3時台起床、遅くても5時台には起きている朝型なので、その早朝の1~2時間を使って、この3つの要素を整えるための活動を続けています。

 

ですが、朝の時間にそこまで余裕がない方にとっては「毎朝のひとり時間のなかで3要素全てなんて無理だよ」と思われる方もいらっしゃると思います。

 

むしろ世の中にはそっちの人の方が多いと思うので、その場合はその人にとって一番スッキリしたり、気持ちがホッとゆるむと思われる部分から、朝活メニューに取り入れてみることをオススメします。

 

わたし自身も、朝活を始めてからの数カ月は「思考」を整えることに集中していましたしね^  ^

 

「思考」「感情」「身体」この3つは全て繋がっているので、どこの部分から整え始めたとしても、やがて残りの要素に全てよい影響を与えてくれるようになります。

 

「思考」&「身体」、どちらのアプローチも「感情」に働きかける

f:id:ookiminori:20180518153510j:plain

悩み事が多くて毎日モヤモヤしている、というときは「書き出す習慣」をつかって思考や感情を整理していくのがオススメです。

 

わたしは特に、モーニングページがお気に入り。

 

自分がその時感じているネガティブな感情を文章として外に吐き出してスッキリしたり、そのネガティブな感情をなぜ感じているのか、丁寧に掘り下げていくことをモーニングページの中で行っています。

 

そうすることで、最初はネガティブだった感情が、少しずつポジティブなものに変換され、感情が落ち着いていくのを感じます。

「モーニングページ」で感じた7つの効果。2年間飽きずに続けている理由を公開します。 - 実り多き人生

 

逆に、なんだかモヤモヤするけれど、じっとしてたり机に向かって書く気にはなれない…というときや、肉体的な疲れを感じているとき。

 

そんなときは朝イチで「身体を動かす、または五感を味わう習慣」に取り組むようにしています。

 

特にお風呂やストレッチ、ヨガなどは「快」を感じるのにぴったりの習慣。

やっていると心からリラックスできますし、身体が温まりほぐれることで、ガチガチに固まっていた頭もすこし柔らかくなった気がしてきます。

 

そしてそういう時に出てくる

  • きもちいい~
  • あったかくてポカポカする
  • 安心する
  • なんだか満たされる

といった心地よい感覚や感情をしっかりと味わうことで、その日の残りの時間も気分よく過ごすことができるのです。

 

また、運動などで身体を動かすだけでなく、

  • 部屋にお香を焚いてみる
  • 美味しい朝ごはんを食べる
  • 朝カフェやスイーツを楽しむ
  • 朝の空気の中を散歩をする


このような「五感を味わう」活動も、心地よい感情を取り入れるよいきっかけになります^  ^

 

「思考」を整える行為も「身体」を整える行為も、どちらも「感情」に良い働きかけをしてくれるもの。

 

なのでその時々の状況やまたは直感で、どちらか一方に重点的に取り組んでみたり、慣れてきたら朝といわずとも1日の時間の中で少しずつ両方取り入れてみる。

そうすることで、感情が安定して毎日を健やかに過ごしやすくなります。

 
もちろん「月曜日は身体、火曜日は思考…」といったように、日によって整える要素を分けて1週間単位などでバランスをとっていくのもありですよ♪

 

終わりに

健やかでゴキゲンな毎日を過ごすために、わたしが朝時間の中で意識している「思考」「感情」「身体」のバランスについてご紹介しました。

 

とはいえ一番大事なのは、自分にとって無理なく、納得感のある朝時間を過ごすこと。

自分がやってみて心地よいと思えるものから、まずはじっくりと自分のペースで楽しんでもらえれば嬉しいです^  ^