朝のひとり時間をもっと輝かせるためにしてほしい、自分への2つの質問。

朝活&早起き
\オンライン無料個別相談会、残枠わずかです!/
“3月後半無料個別相談会

早起き&朝活研究家のみのりです。

生活リズムを整えて、楽しい朝の時間を過ごしたい!

だけど朝はなかなか起きれないし、何度か起きれたとしてもイマイチ楽しくないから続かない…

そして早起きできない自分に、自己嫌悪してしまう…

早起きと朝時間の使い方に関してそんな風に感じている人に、やってみてほしいことがあります。

それは自分に対して行う、シンプルな2つの質問。

今日は、「早起きする本来の目的がわかるようになると、朝のひとり時間はもっともっと輝いていくよ」というお話をします。

【目次】

自分への質問①「本当は何がしたい?」

f:id:ookiminori:20180214105936j:plain

先日、わたしが主宰している朝活女子サロンのメンバーのさわこさんが、こんな記事を書いてくださいました。

さわこさんは、宅建の資格取得を目指して勉強をするために、朝活女子サロンに参加してくださった方です。

最初は同じサロン仲間からの刺激もあり、モチベーションも高く勉強に取り組まれていたものの…

その後はなかなか早起きが続かないと、苦労をされていました。

そんなさわこさんに、わたしは朝5時から行っているチャット交流会である質問をしました。

「早起きして、本当は何をしたいですか?」

そうしたらさわこさんが、とっても素敵な答えを教えてくださって。

それを知ったわたしも、すごくワクワクしてしまいました。

私は、宅建の勉強をしたいのではない。

宅建の勉強というのは、早起きできるようになりたいというためのきっかけスイッチに過ぎない。

私は、早起きできる人になりたかったのです。

早起きして、時間に追われるんじゃなくて、自分で時間をコントロールして、あくせくせず、マイペースで人生を楽しめるようになりたい。

そういうことだったのです。

宅建の勉強は、単なるきっかけの1つにすぎなくて、早起きをしたい本当の理由は、自分で時間をコントロールして人生を楽しめるようになること。

たった1つのシンプルな質問を通して、ご自身の本当の望みとしっかり向き合われたさわこさん。

さわこさんの朝時間に対する捉え方が大きく変化したのが、さわこさんの記事から伝わってきて、わたし自身とても大きな刺激をもらいました。

自分への質問②「頑張らなくちゃと思っていることは何?」

f:id:ookiminori:20180214110029j:plain

とはいっても、「本当にやりたいことなんて、正直自分でもわからないよ」という人も多いと思います。

特に女性は、環境的に自分のことを二の次にして、周りのために動いてしまう人が多いと思いますし、わたし自身も何をすれば自分が喜ぶのか分からない時期が長くありました。

そんな「やりたいことなんて分からない」と思った時にしてほしい自分への質問は、

「頑張らなくちゃと思っていることは何?」

早起きが得意な人ならまだしも、もともと起きるのが苦手な人は、「早起きする」という行為だけですでに頑張っています。

その上、起きてからやることすらも「頑張り」が必要なものだったとしたら…

1日のスタート段階から、楽しむどころかダブルで頑張ってしまっている、つらーい状態なわけです。

そうなると、よほどの精神力や強制力が働かないかぎり、早起きなんて続きませんよね…。

だから、せっかくの朝のひとり時間をもっともっと輝くものにしたいと思ったら、まずは「頑張っていること」がないか確認して、それを手放すことが必要です。

自分では当たり前だ、必要だと思っていたことでも、よくよく自分に尋ねてみると、実は義務感でやっていた。心から楽しんでいなかった。

そう気づいたことがあれば、おもいきって朝の時間からそれを切り離してしまいましょう。

そうやって無意識の内に抱え込んでいる「頑張り」を手放していくと、自然と自分が心から喜ぶことが何か、分かるようになってきます。

そして、義務感でやっていることを手放したことで出来た時間を使って、本当にやりたいことをやれるようになるんですね。

1日の始まりに自分が本当にしたいことをすることで、その時間はもっともっと輝いていくのです。

朝のひとり時間を輝かせる、自分への質問まとめ

朝のひとり時間をもっと輝かせるために、自分にしてほしい2つの質問についてまとめます。

  1. 「本当は何がしたい?」と自分に問いかけることで、朝時間はもっと輝く
  2. 「頑張らなきゃと思っていることは何?」と自分に問いかけることで、本当にしたいことが見えてくる

さわこさんの素敵な変化と決意が込められている素敵な記事にインスパイアされて、この記事を書きました。

「早起き生活や朝活に憧れるけど、いまいち楽しめなくて続かない…」という人は、ぜひこの2つの質問を自分に投げかけてみてくださいね。

とはいってもついつい頑張ってしまう人へ、こんな記事もオススメです。

コメント