実り多き人生

「早起き&朝活」で人生を変えたい人を応援するブログ

小さなジンクスを味方につけて、感謝&幸せ体質になったわたしの話。

スポンサーリンク

早起き&朝活研究家のみのりです。

 

突然ですが、あなたはジンクスを信じますか?

 

実はわたしには、今年の夏前から毎日のように意識している、ある小さなジンクスがあります。

 

そのジンクスを信じるようになったことで、毎日の何気ない暮らしの中に、感謝の気持ちや幸せを感じることが圧倒的に増えました。

 

ジンクスに出会う前と比べると、明らかに気持ちがほがらかになり、感謝体質、幸せ体質になったなぁと自分自身で感じています。

 

今日はそんなわたしの、小さなジンクスについて紹介します。

 

【目次】

小さなジンクス:自分にとっての「幸せの鳥」を決める

f:id:ookiminori:20171001055942j:plain

わたしがこのジンクスに目覚めたのは、『「感謝」で思考は現実になる』という本を読んだことがきっかけです。

 【関連記事】
【実験の結果】『「感謝」で思考は現実になる』を、30日間実践して思い知ったこと。 

 

わたしはこの本で紹介されている「感謝の習慣」を30日間実験した後、今現在も毎日続けています。 

 


それと同時に、この本で紹介されていた、「自然からのメッセージ(シンクロニシティのようなもの)が、鳥の姿をして現れることがある」という一節を読んでから、あることを始めました。

 

それは、自分にとってのラッキージンクスである、「幸せの鳥」を設定すること。

 

わたしのとってのその鳥とは、家の近くの田んぼなどでよく見かける、「シラサギ」でした。

 

「幸せの鳥」を決めた瞬間、毎日たくさん見かけるように

f:id:ookiminori:20171001060038j:plain

シラサギとは、コウノトリ目サギ科のうち、全身がほぼ白いサギ類の総称です。

 

都会にはあまりいないのかもしれませんが、わたしが住んでいる九州の田舎町にはいたるところに田んぼがあり、そこにちょこちょこシラサギが遊びに来ているのを目にします。

 

実はわたしの家の目の前にある川にも、大きなシラサギがよく遊びに来ていて、以前からたまに目にしていたのです。

 

雀や鳩やカラスほどは数がいないものの、そんなにレアというほどでもない(少なくともわたしのすむ地域では)、シラサギ。

 

そのシラサギを自分の「幸運の鳥」にしようと思ったのは、わたしの母が昔からシラサギが大好きだったから。

 

「感謝」で思考は現実になる』を読んだ時に、昔から母が車の移動中にシラサギを見つけては「ラッキー!今日はいい日になるよ♪」と喜んでいたのを思い出したからです。

 

そんなこんなでたまに見かけるシラサギを「幸運の鳥」と設定してから驚いたこと…。

 

それは、シラサギを幸運のジンクスにしたことで、今まで数日に1回見かければ良い方だったシラサギを、1日に必ず1回、多い時は3回以上も目にするようになったこと!

 

これは、赤い車が欲しいと思ったら、街でやたらと赤い車が目につくようになる、ということと同じ理論。

 

自分の意識がシラサギにフォーカスしたことで、雀やカラス以上にシラサギに出会えるようになったんですね。

 

ジンクスを目にするたびに、感謝の気持ちが沸いてくる

そんな幸運の鳥であるシラサギを外で見かけた時は、とってもラッキーだなぁと感じて、嬉しい気持ちになります。

 

たまに3羽くらいが連なって飛んでるのを見かけたりすると、「わー!超ラッキー!!!」と、テンションMAX状態に(笑)

 

なんてお気楽なやつなんだと思われるかもしれませんが、元々わたしは楽しいことよりも悩み事や心配事に意識を集中させてしまう癖をもっている人間でした。

 

だけどそんな風に悶々としながら歩いていたり、車を運転していても、シラサギが飛んでいたり田んぼの中に立っているのを見かけたら、一瞬で嬉しく楽しい気持ちになれるのです。

 

あまりにも毎回嬉しさを感じて、その後も気分良く1日を過ごせるので…

 

次第にシラサギを見かけたら
「今取り組んでいることも、悩んでいることも、全部だいじょうぶだというサイン」
だと思うようになりました。

 

…怪しいと思われるかもしれませんが、わたしは自分をゴキゲンにして前に進むための思い込みなら、突拍子のないことでも思い込んだもん勝ちだと思っています(笑)

 

だから、シラサギを目にするたびに勝手に自分が見守られていたり応援されているように感じて、「ありがとう」という言葉をが自然と口から出るようになったのです。

 

シラサギに会えたら超ラッキー!そうでなくても最高の1日

f:id:ookiminori:20171001060519j:plain

と、ここで疑問が出てくる人もいるかもしれませんが…

シラサギが幸運のジンクスなら、シラサギに会えない日は幸せではないのか?

というと、全くそんなことはありません。

 

わたしは「感謝」の習慣を身につけたことで、もちろんシラサギに会えた日は超ラッキーですが、それ以外の日も最高の1日だと感じながら日々を過ごせるようになりました。

 

いつだって最高の日、という意識をベースに持てるようになってきたからこそ、シラサギを見かけた時にさらに幸せ感を感じられるのでしょうね。

 

私が自分の母がしていた以上にサギを見つけて喜ぶ姿をみて…

 

今では子ども達も、外出中や車での移動中にサギを見つけては、「おかあさん!サギがおるよ!!!」と真っ先に教えてくれます(笑)

 

運転中はもちろん前を見てないといけませんが、子ども達がそうやってわたしの代わりにサギを見つけて教えてくれるのも嬉しいしありがたいなぁと、さらにホッコリしている能天気母さんです。

 

小さな何気ないジンクスが、いつもの毎日を変えていく

ここまで自分のジンクスについてふり返ってみて思いましたが…

 

シラサギを幸運の鳥と決めてから、自分でも驚くほどに毎日の暮らしに対する満足感が高まった気がします。

 

もちろん満足度が高まった理由にはそれだけではなくて、

朝の時間を使ってモーニング・ページや、瞑想、筋トレなど、自分と向き合うための習慣に日々取り組んでいることも大きいとは思いますが…

 

日常にある、小さな何気ないことをジンクスを意識することで、こんなにも日々の暮らしの中に感謝を感じる瞬間は増えるていくのだなぁと実感しています^  ^

 

あなたがもし、なんだか最近、幸福感を感じない、心がスースーするなぁと思ったら、あなただけの「小さなジンクス」を設定してみるのもよいかもしれません。

 

漠然とした不安や問題を抱えてしまいがちな時こそ、そうやって小さな幸運に目を向けて日々を過ごしてみると…

感謝の気持ちを通じて少しずつ、心が前向きにしっかりと安定していくのを感じられるようになりますよ♪