実り多き人生

「早起き&朝活」で人生を変えたい人を応援するブログ

朝の自分時間を活用して、自分に自信をつけるための3ステップ。

スポンサーリンク

早起き&朝活研究家のみのりです。

 

他者からの評価に惑わされず、自分自身にゆるぎない自信をもって毎日をイキイキと過ごすために。

 

わたしは毎朝の自分時間を使って「自分との小さな約束」を守り続けることをオススメしています。

【朝時間の使い方】「自分との小さな約束」を守り続けて、自分に自信をつける方法とは。 

 

とはいっても、早起きすることがまず大きなハードルだったり、朝時間にあれもこれもと取り組もうとすると、頭がパンクしてしまいそう…ということになりかねませんよね。

 

そこで今日は自分のペースで無理なく早起きを習慣化し、朝の自分時間を活用して、自分に自信をつけるための3ステップについて紹介します。

 

【目次】

1.早起きが習慣化するまでは、ご褒美だけを満喫する

f:id:ookiminori:20171003161205j:plain

朝の自分時間を活用するために、まずはいつもより10分でも15分でも早く起きれるようになることを目指しましょう。

 

早起きのコツについてはこちらの記事を参考にしてください。

www.minorijinsei.com

この記事にも書いていますが、早起きを習慣化する時に大切なのは、「早起きして出来た時間は、自分がやりたくてたまらないことだけに使う」ということ。

 

せっかく頑張って早起きして出来た時間を、本当はやりたくない家事や仕事の時間に当ててしまうと、「早起き=楽しくない」という方程式があなたの中に埋め込まれてしまいます。

 

なので早起きを習慣化したければ、体が慣れてくるまでは、自分へのご褒美を用意して、そのご褒美だけを満喫するようにしてください。

 

ご褒美はあなたが純粋に好きなもので、良い気分になれるものならなんでもOKです。

  • 美味しいパンとコーヒーをいつもよりゆっくり味わう
  • 読みたかった本やマンガを読む
  • 好きな絵を書いてみる
  • 映画鑑賞に没頭する
  • ゆっくりお風呂に入る

 

などなど、まずは朝の自分時間を使って、自分のことをとことん大切にしてあげてくださいね。

 

そうすることで次第に「早起き=楽しい、心地よい」という方程式があなたの中に出来てくるので、早起き自体が楽しみなものに変わっていきますよ。

 

2.朝の自分時間を確保するために、やらないことを決める

まずはご褒美だけを楽しみながら早起きを習慣づける。

 

そうすると徐々に心にも余裕が出てきて、もっと他の朝活にも挑戦したいと思うようになってきます。

 

ですが、ここで一気にやりたいことを増やしてしまうと、「あれもこれもやりたいのに時間が足りない!」というジレンマを抱え込んでしまうようになります。

 

1日は24時間以上には増えませんから、自分のための時間を確保しようと思ったら、今までに使っていた時間の中のどれかとトレードオフする必要があります。

 

あなたが抱え込んでいる日々のタスクを見直して、自分が今やらなくてもいいことを見極め、1つずつ手放していきましょう。

忙しい子育てママの自分時間の作り方はこちらを参考にしてください。

 

また、やるべきタスクを減らすために、家の中を整えることはとても大きな効果を発揮します。

 

家の中のモノが減れば、それだけ管理や掃除の手間も減るので、自分のために使える時間が増えます。

 

掃除や片付けに日々の時間を奪われている人は、まずは朝の時間を使って家の中の片付けから取り組むことをオススメします。

 

空間と思考がスッキリとして心に余裕が出てくる上に、買取サービスを使うことで臨時収入も増えるので一石二鳥ですよ♪

 

3.手放すことを見極めつつ、やりたいことを習慣化していく

f:id:ookiminori:20171003162259j:plain

最終ステップは、「今の自分にとってやりたいことと、そうでないこと」を常に見極めつつ…

自分を高め、ゴキゲンにしてくれる「自分との小さな約束」を一つずつ守り続けていくことです。

 

ここまでくると、自分なりの毎朝の朝活ルーティンがだいたい出来上がっていると思います。

 

例えばわたしのここ1ヶ月の朝活ルーティンは以下のとおり。

  • モーニング・ページ
  • 開脚ストレッチ
  • マインドフルネス瞑想
  • 筋トレ(プランク&スクワット)

 

毎朝のこの4つの朝活に取り組んだ後は、日によって自分の気分の赴くままに、好きなことに取り組んでいます。

 

一度作ったルーティンはずっと続ける必要もなく、定期的に自分自身を見つめ直して、今の自分にとって一番フィットするものだけに取り組んでいきます。

 

特にジョギングや筋トレなど、体を動かす朝活は、やってはみたものの自分には合わなかった、今の状況ではハードルが高かかった…ということもよくあります。

 

そういう時は無理して続けるのではなく、1度でもその経験が積めたことを喜びつつ、今はタイミングではなかったと思ってスッと手放しましょう。

 

自分が取り組んでいて楽しいと思える習慣を継続していくことで、「自分との小さな約束」を守り続けることができます。

 

その積み重ねによって、自分の心の内側にゆるぎない自信が育っていくのです。

 

まとめ:ステップを踏んで、自分への自信をつけていこう

朝の自分時間を活用して、自分に自信をつけるための3ステップまとめ

  1. 早起きが習慣化するまでは、ご褒美だけを満喫する
  2. 朝の自分時間を確保するために、やらないことを決める
  3. 手放すことを見極めつつ、やりたいことを習慣化していく

 

最初からがっつり早起きして朝活に取り組もうとするよりも、ベイビーステップで楽しみながら、そしてやりたいことを取捨選択しながら続けていくのがコツです。

 

毎日1ミリずつでも前進している実感を味わいながら、自分としっかり向き合い自分を大切にする習慣を身につける。

 

そう過程を通して、自分への信頼感を育てていきましょう。


【関連記事】

【朝時間の使い方】「自分との小さな約束」を守り続けて、自分に自信をつける方法とは。