実り多き人生

「早起き&朝活」で人生を変えたい人を応援するブログ

人生2度目のぎっくり腰になってわかったこと

みのりです。

 

今朝、いつものようにゆるっと、かつ充実した朝のひとり時間を終えた直後…

 

起きてきた3歳の息子をイスに座ったままの姿勢で抱き上げたその瞬間。

 

ビキッ…!!!

 

と腰に痛みが走り、ぎっくり腰になってしまいました。

 

f:id:ookiminori:20180702153026j:image

昨日のお昼は家族でサッカーするほど元気だったのに…笑

 

6年前に初めてぎっくり腰になってから、人生2度目のぎっくり腰。

 

初めての時は丸一日起き上がることもできませんでしたが、

今回は気合いを入れれば、一応なんとか歩けます 。

 

それでも今日1日は出来るだけ横になって安静に…と整骨院の先生に言われたので、

このブログも布団の上に寝転がりながら書いてます。

 

わざわざ痛みを抱えながら、慣れないスマホでブログを書くのは、なんだか猛烈に「書きたい!!」という衝動に駆られたから。

 

そして最近その「書きたい!!」の衝動が何度も何度も心の中で湧き上がっていたのにもかかわらず…

 

今はまだ考えがまとまらないから…

もうちょっと自分の中で今の体験の整理ができてから…

それよりも今はすることがあるから…

 

なんていう理由で、

自分が一番大好きで大好きで、している最中は時空も歪むほど夢中になれる

 

そんな「書く」という行為を、自分に許せていない自分がいた。

 

その事実に本日、人生2度目のぎっくり腰になったことでめでたく気づいてしまったのでした。

 

f:id:ookiminori:20180702152150j:image

「書く」ことが何よりも大好きで、「書く」ことで自分の人生は変わったと確信していて、これからも「書く」ことは一生続けていくのだろう。

 

わたしの心の中心から1ミリもブレることなく、そう思い続けてるのにも関わらず。

 

その「書く」ことを現実世界で実行することを、わたしはわたし自身に許していなかった。

 

ここ数ヶ月、わたしは今までにないスピードで今までにない深い体験をしたり、自分の内側の変化を感じていました。

 

それがあまりにも面白くて、

 

自分ってなんだろう?

人生ってなんだろう?

世界ってなんだろう?

 

みたいなことをどんどん掘り下げて、誰かの一言や目にした光景から気づきをもらってハッとしては、その気づいたことを実践して…

 

みたいなことをひたすらやっていました。

 

あまりにもその体験が強烈で、目まぐるしくて。

 

毎朝書いてるモーニングページにはその時感じたことを書き残したり、

 

近い存在の人の何人かには断片的に、体験から得た気づきをシェアしたりしてたけど…

 

こうやってブログに書く、というところまでには辿りつけず。

 

でも本当は、書きたかった。

 

わたしがこうやって書いている文章を読んでくれている人で、わたしがまだ出会ってない人はたくさんいるし、

 

このブログを通して連絡をくれたり、わたしが主宰しているコミュニティに参加してくれている人もたくさんいる。

 

すでに知っている人にも、そしてまだ物理的には出会っていない人にも、

わたしの体験や気づきを、書いて伝えたい!!

 

そう願いながらもそれができなかったのは…

 

「書いて伝えるのであればちゃんと、読んでくれた人に分かるように、伝えないといけない」

 

という、ナゾの義務感がそこに乗っかっていたから。

 

だから、

もっと自分の中でこの体験を噛み砕けるようになってから…

 

とか、

 

新しい活動に向けて準備中だから、その準備が整ってからなら書けるだろう…

 

とか、

 

そんなごまかしの言葉で自分自身をだまして、

「書きたいけど、今はまだその時期じゃない」と、思いっきりブレーキを踏んでいたんです。

 

ただこうやって文章を紡いでいく、

この行為そのものがわたしの大好きなワクワクすることだったのに。

 

書くことに対して「分かりやすいように、誤解のないように伝えなければ」みたいな義務感を勝手に背負ってしまって。

 

それはわたしにとってやりたいことではなくて「やらないといけないと思っていること」だったから。

 

だから結果的に、なんだかんだと理由をつけては、1番やりたい「書く」というシンプルな行為を後回しにしてきたのでした。

 

そしたら、ぎっくり腰になったよね 笑

 

寝てても痛いし、家事もできないし、いつものようにPCに向かうこともできない。

 

だけど、そんな自分自身に「今、何したい?」って尋ねてみたら、

 

「ブログを書きたい」と、

小さな声が答えてくれたので、寝っ転がってスマホで今これを書いてます。

 

誰かにわかりやすく伝えたいとか、誰かの役に立ちたいとか、することのクオリティをあげたいとか、そんなこと考える前に。

 

まずは自分が何をしたいか、今この瞬間どうしたいか、何をしたら自分は喜ぶのか。

 

そこがちゃんとわかってなければ、結局その代わりにやっていることなんてすべて、ただの暇つぶしだよ。

 

そんなことを、かなり手荒なやり方ではありますが、人生2度目のぎっくり腰が教えてくれた気がしてます。

 

そしてわたしは日々自分の好きなことやってるなぁ〜と思っていたけれど、

 

まだまだ無意識に自分に嘘をつく癖が染みついているんだなぁと、改めてわかりました。

 

それは決して残念なことではなく、むしろ今気づけたことにワクワクしていています。

 

そして、3年前や1年前の自分と比べると、自分に嘘をつくことが劇的に減ったからこそ、

 

ちいさな嘘も騙しとおせない体に、変わりつつあるのだなぁと思います。

 

そう思うと、自分がどんどんこの世界の中で弱く丸腰になっていくようで心細くも感じるけれど、

 

丸腰の弱い自分になるからこそ、自分以外の他者の力を借りられるようになるんだなぁとも感じます。

 

現に今日は仕事で忙しい夫が昼休みに帰ってきて代わりに夕飯の準備をしてくれたり、

 

オンラインセッションを受けてくださる予定だった方には、「無理しないでまずはしっかり治して」と逆にすごく励ましてもらえたり、

 

朝イチで飛び込んだ整骨院の先生に助けられて、なんとか治せそうな見込みが出てきたり、

 

人からの助けやあたたかい言葉に、心からありがたいなぁと思うことばかりです。

 

だから、こうやって起こる出来事の1つひとつを通して、自分の心からの本音を知っていくことをこらからも続けていきたいし、

 

そこで得た気づきを、書きたいと思ったそのときに文章に綴って、みんなと共有したい。

 

それがどんなに荒削りでも、まとまりが今ひとつでも、その瞬間では言葉足らずだったとしても。

 

「感じたままに、書いて伝える」ことがわたしにとって夢中になれるものであり続けるかぎり、

それをすることを自分に許可してあげたい。

 

今、そんな風に思っています。

 

そして久し振りに心の赴くままに書いたこの記事を最後まで読んでくださったあなたに、

心からありがとうございます^ ^