実り多き人生

「早起き&朝活」で人生を変えたい人を応援するブログ

【超かんたん早起きのコツ】潜在意識に働きかけて、起きたい時間に目が覚める「おまじない」。

スポンサーリンク

早起き&朝活主婦のみのりです。

 

基本的には朝3時~4時半くらいの間で
その日の体調や気分にあわせて起きる時間を変えています。

 

ですが時には
「明日は3時にきっちり起きよう!」
と、早起き意欲まんまんになるときも。

 

そんな時、夜寝る前にわたしがいつもしている
ある「おまじない」について、今日は紹介します。

 

早起きのコツ「起きたい時間の数だけ枕をたたく」

f:id:ookiminori:20170705030641j:plain

明日こそはきっちり早起きしたい!
そう思ったわたしが寝る前にするおまじない。

それは…

起きたい時間を頭の中でイメージしながら
その数だけ枕をたたくこと

 

これだけ!

 

例えば朝3時に起きたいなら、
自分の枕を手でポンポンポン、と軽く3回たたく。

 

朝5時に起きたいなら5回たたく、という感じ。

 

…びっくりするくらい簡単ですよね?

 

本当に簡単なんですが、
わたしの場合何もせずに寝たときよりも、
確実にその時間に起きる確率が高まるんです。

 

もちろん目覚まし時計はかけていますが、
無意識に目覚ましを止めて二度寝してしまう…
ということが減って、自然と起きれるようになるんですね。


調子の良い時はその時間に目覚ましが鳴る数分前に
ふっと目が覚めることもあります。

 

ポイントは潜在意識に働きかけること

このおまじない、
実はわたしが小学生くらいの頃から使っています。

 

当時流行っていた占い雑誌で
「寝坊しないおまじない」として
紹介されていたんですよね(笑)

 

でも今思うとこれって
人間の潜在意識に働きかける、
とっても賢いやり方だなぁと思うのです。

 

潜在意識とは、心の奥深い層に潜んでいて
本人が自覚せずに、
その考え方や行動に影響を与えている意識のこと。

 

「夢や目標をイメージしたりノートに書くと叶う」
というのと同じように…

 

この「寝坊しないおまじない」は
起きたい時間の数だけ枕をたたくことで

その潜在意識に「目を覚ます時間」を
刷り込んでいるというわけ。

 

だから何もしていないときよりも
自然と目を覚ましやすくなるんですね~。

 

ちなみにこのやり方をマスターしている人は、
目覚ましなしでもジャストタイムで目が覚めるようですよ。
わたしもそこを目指したい…!

おわりに

というわけで、
「明日こそは早起きして朝活を楽しみたい!」
と思ったら…

起きたい時間を頭の中でイメージして、
その数だけ枕をたたく。

 

もちろんその日の体調や睡眠時間によって
効果に差は出るかもしれませんが
道具も使わずにすぐに出来ることなので

早起きを習慣にしたい!と思ったら
騙されたと思って試してみてほしいです^  ^

 

ちなみに、起きたい時間が「4時半」などの場合は、
頭の中で時計の4時半を想像しながら
枕を4回たたきます。

 

でもこれはあくまでわたしのやり方なので、
枕を4回とちょっとたたくとか、
自分にとって時刻をイメージしやすい方法で
アレンジしてみてくださいね!


潜在意識を上手く活用して、
無理なく早起き&朝活を楽しみましょう♪

 

▼他にもまだある!早起きのコツを紹介しています。

毎朝3時起きの私が教える、早起きを習慣化するための6つのコツ 

 

▼ 目が覚めた後の柑橘シャワーも超オススメ!

柑橘系アロマの効果的な使い方。熱めのシャワーと共に眠気をふっ飛ばして気持ちよく1日を始めよう!