実り多き人生

「早起き&朝活」で人生を変えたい人を応援するブログ

自分に自信を持ちたいあなたへ。『エマソン 自分を信じ抜く100の言葉』に学ぶ、自己信頼の極意とは。

スポンサーリンク

わたし、最近なんだか
ずっとモヤモヤしていました。

 

暮らしを変えて、働き方を変えて、
やりたいことが少しずつ明確になってきたのにもかかわらず、
今度は勇気が出なくて一歩踏み出せない自分に。

 

こんなことが出来たらいいな、素敵だなと
頭の中の妄想だけは広がっていくのに、
自分への自信のなさから実際の行動に踏み切れない。

 

そんな怖がりで弱い自分と向き合っているわたしの
背中を押してくれる本との出会いがありました。

【目次】

 

 

『エマソン 自分を信じ抜く100の言葉』とは

f:id:ookiminori:20170615094912j:plain

偶然みかけた一冊の本。

エマソンという方のことは実は全く知りませんでしたが、「自分を信じ抜く」というキーワードに見事につられました。

 

エマソンとは、ラルフ・ウォルドー・エマソン。

19世紀のアメリカで、哲学者、思想家、文学者、詩人として活躍した人物です。
ラルフ・ワルド・エマーソン - Wikipedia

 

日本ではほとんど知られていないけど、アメリカではとても有名な方で、多くの成功者が彼の『自己信頼』というエッセーを愛読しているそう。

 

本作は、心理カウンセラーの中島輝さん
エマソンの著作から特に印象的な言葉を抜粋して超訳し、解説されているもの。

 

「自己信頼」を人生の指針とするエマソンの、数多くの言葉の根底に込められた「自分を信じ抜け」という力強いメッセージ。

まさに自分に自信が持てないでいるわたしに、自分を信頼し一歩踏み出すためのヒントをたくさん与えてくれる本でした!

 

『エマソン100の言葉』から、心震えた3つの言葉

f:id:ookiminori:20170615113439j:image

本に載っている100の言葉から、特にわたしの心が反応して震えた3つの言葉を紹介します。

 

人は自分で「自分の値段」をつけられる。

そして行動を起こせば、万人は黙ってその値札に同意する。

わたしはついつい、「自分が人から見てどれくらいの価値があるか」というのを考えてしまう人間です。

だけど、本当の自分の価値は、他者から決められるものではなくて、自分自身で決めることが出来る。

 

そのことに薄々気づいていながらも、自分のことを常に低く見積もってしまう癖が長年ついていたなぁと。

 

そしてその癖が「自分の価値は低いから、このくらいしか出来ない」と諦めて、行動を起こさない自分を正当化することにも繋がっていたんですよね。

 

やりたいことがあって、一歩踏み出したいと思うなら、まずは自分自身の価値を信じることから。


そして何よりも大事なのは、行動でそれを示していくことなんだなぁと、腑に落ちました。

 

自分にできることは、自分にしか分からない。

いや、自分でもやってみるまでは分からないものだ。

 

初めてのことに挑戦するときって、ついつい「出来るか、出来ないか」ってことを考えてしまいがちですよね。

 

特にわたしは会社員を辞めてフリーランスになってから、何を始めるにも自分で決めないと行けない状況になったことで、この「出来るか出来ないか」の悩みループにハマりやすくなりました。

 

だけどエマソンの言葉通り、やってみないことには出来るか出来ないかなんて全くわからないんですよね。

 

だから「自分に出来ることだったらやる」なんていう考え方はありえない。

 

そうじゃなくて、「出来るかどうか分からないけど、とりあえずやってみる」を常に選んでいく。

 

そうじゃないと、人生立ち止まったまま、そこから動けなくなってしまうんですよね。

 

やってみて出来たなら、自分自身の新たな強みやスキルに繋がるし、出来なかったことも次に進む上での参考材料として間違いなく活かせるわけで。

 

だから出来るかどうか分からないことで焦ったり悩んだり後悔したりしてる暇があるなら、まず行動。


このことを、何度でも自分に言い聞かせて自分自身の手と足を動かしていきたいです。

 

我々の強さは、弱さから生まれる

自分と誰かを比べて、自分は何にも出来ない人間だと感じるときってありますよね。

 

わたしはそんな時、とても淋しくて、いたたまれない気持ちで一杯になります。

 

だけど、そんな弱い気持ちがあるからこそ、もっと人の役に立てる人間になりたいと思って行動する原動力になるんだなぁと、最近実感しています。

 

「弱いことはダメなこと」って思う人は多いかもしれないし、わたし自身も少し前まではそう思っていました。

 

だけど、自分の中の弱さを感じて認めてあげるからこそ、そこから一歩進むごとに強さを身につけていくことができるのかなぁと、今は思います。

 

そう思うと、弱い自分も悪くない。むしろそれがあるからこそ前に進める。

そんな風に弱さをエネルギーに変えていきたいですね。

 

おわりに

エマソンの100の言葉は、読みながら自分自身と対話しているような気分になる本でした。

 

エマソンの言葉を通して、自分の心の声が「きっと大丈夫!」と力強く語りかけてくれ、そんな自分自身の言葉を信じてみようと思いました。

 

  • 自分を心から信じたいけど、どうにも周りの反応が気になってしまう。
  • 自分を変えるための一歩を踏み出したいけど、勇気がでない。

 

そんなわたしと同じ状況の人に出会って欲しい言葉が、この本にはたくさん載っています。

 

わたしもエマソンの言葉と自分自身を信じて
「行動」を積み重ねることで
よりワクワクする人生を作り出していきたいです。