読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

実り多き人生

早起き&片付け・断捨離で、自分らしい人生をつくるブログ

ミニマリストが前向きになる朝の習慣。「モーニングページ」がすごい!

スポンサーリンク
朝起きてから書く「脳の排水」こと
モーニングページ。
 
【参考記事】
 
 
最近はわたしがいつも更新を楽しみにしているブロガーさんも
モーニングページを始めて効果を実感されているようです。
 
 
 
わたしがモーニングページを書き始めたのは
今からちょうど2ヶ月前。
 
今回、その2ヶ月前に書いたモーニングページを改めて読み返してみたところ
過去の自分が書いたある言葉に目が釘付けになってしまいました。

「人生なんてどうせ、楽しむためにできてる。」

f:id:ookiminori:20160505003623j:image

2ヶ月前のモーニングページの最後に書いてあった言葉。

モーニングページを紹介している「やりたいことを、やりなさい」という本では
こんなことを推奨されています。
 
  • モーニングページは書いてから8週間(2ヶ月)は読み返さないでおくとよい
そのアドバイスに従って
今まで書いたものは1度も読み返したことがありませんでした。
 
そんなわたしが今回初めて読み返した
2ヶ月前のある日のモーニングページ。
 
その3ページ目(最後のページ)の
一番下に書いてあった言葉です。
人生なんてどうせ、楽しむためにできてる。
 
 

弱り気味のわたしと、その目に飛び込んできた過去の自分の言葉。

普段はお気楽ノー天気なわたしですが
ここ最近はめずらしくメンタルが弱り気味でした。
 
息子が少し前に
持病を克服するための手術を無事に終えたのですが
その後しばらく集中治療室で管理入院していたこともあり
 
術後回復するまでのしんどそうな様子を見ていると
親なのに何もしてやれない羽交いさや無力感などが
頭の中で混ざり混ざって
自分の中で上手く整理できなくなってしまい。
 
 
今思えばこういう時こそ
モーニングページを最大活用すべきなのでしょうが
心が弱ると
自分の頭の中と向き合うのもおっくうになってしまうらしく。
 
一番弱っている時は
モーニングページを書くこともできませんでした。
 
そんな状態から少しずつ回復しつつある
わたしの目に飛び込んできた言葉がこの
「人生なんてどうせ、楽しむためにできてる。」
だったのです。
 

過去のわたしが言いたかったこと

その言葉より前の文章も読み返して
そのときのわたしが言いたかったことを
ザックリと要約してみました。
 
人生で起こる出来事には元々意味なんてない。
起こったことに対して自分自身が良い悪いと意味づけしているだけ。
それならわたしはどんな出来事も「良い」と受け止めて、楽しむことに決めよう。
人生なんてどうせ、楽しむためにできてるんだから。

当時のわたしは
息子の病状が悪化して緊急入院となり
手術や一時退院のメドも立たぬまま
宙ぶらりん状態で付き添い生活を送っていました。
 
そんな時に書いていたモーニングページの言葉を読んで
自分で書いた文章ながらも
今のわたしはハッとされられたのです。
 

過去の自分に、肩を叩かれたような気分。

最近のわたしが弱ってたのはまさに
起きている出来事に振り回されて
無意識にネガティヴな意味づけばかりしてしまっていたから。
 
最初に入院してから今まで気を張ってきたこともあり
いつの間にか視野が狭くなってしまっていたようで
 
目の前の物事に対して偏った視点から反応するだけで
その物事に対する良い意味を見出そうとするのを忘れていました。
 
状況的にいえばもっと不安だったはずの
8週間前のわたしにはちゃんと分かっていたことなのに
 
人って、わたしって
なんて忘れやすいんだろう
と思うと、なんだか笑えてきて。
 
 
そうだよ、もっと笑おう。
どれだけ悩んだり弱ってみたところで
わたしの人生なんてどうせ
楽しむためにできてるんだよ。
 
眉間にしわをよせてばかりいた最近のわたしに 
8週間前のわたしが後ろから笑いながら
ポンと肩を叩いていってくれたような気がしたのでした。
 

これからもわたしは人生を楽しみつつ、書き続ける。

そんなわたしは今また
普通病棟に戻ってきた息子に付き添い
病院で日々を過ごしています。
 
息子が日に日に元気になっていることと
夫が娘をしっかりと見ていてくれることに心から感謝しつつ
 
息子が無事に退院するまでの母子の時間を
じっくりと細部まで味わい、楽しみたいと思っています。
 
モーニングページは病院でも毎朝続けつつ
ブログもしばらくの間は不定期更新になりますが
変わらず楽しみながら書き続けます。
 
なんだかんだと悩んだとしても大丈夫。
人生はどうせ、楽しむためにできている。
 
この言葉をまた忘れたとしても
すぐ思い出せるように
手帳の目立つところに書き留めておきますね^ ^