読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

実り多き人生

なりたい自分と未来をつくる、自分時間の作り方。

節約家の夫に買い物を全て任せてみたら、出費が減って自分の消費癖に気づいた話。

ミニマルライフ ミニマルライフ-お金をかけずに暮らしを楽しむ
スポンサーリンク

息子の入院生活、ただいま3週目。

その間、わたしはほとんど自宅に帰ることなく、病院で暮らしています。
 
必然的に、家事や4歳娘の育児は夫に任せることになったわけですが…。
 
最近あることに気づいたんです。
それは
「わたしが病院で暮らすようになってから、出費が明らかに減ってるよね」
ってことでした。

「見た目重視」、冒険派の妻と「コスパ重視」、堅実派の夫。

少し前から大元の家計管理は夫に任せている我が家ですが、毎月の食費や日用品費などの「やりくり費」に関しては、主に料理を作ったり買い物を担当するわたしが管理してました。

 
が、付き添い入院生活が始まってからは食材や日用品の買い物も、家事を全て担当する夫が、するように。
 
そんな夫が毎日わたしのために朝と夜作ってきてくれるお弁当は、こんな感じ。
f:id:ookiminori:20160227222422j:image
冷蔵庫にあるもので作ったチャーハン弁当に、「チャーハンに合いそうだから」という理由で添えられたノンアルコールカクテル。
(ちなみにこれは朝用のお弁当でした。朝からノンアルコールといえどカクテル??まぁ飲んだけど。そして美味しかったけど。)
 
カクテルはたまたま家にあったやつを持ってきたみたいですが、夫が作ってくれるお弁当は大体がこんな感じで、要は「素朴」、もっとよくいえば「シンプルで無駄がない」です。
もちろん、どんどん美味しくはなってきてますけどね。
【参考】妻が子どもの入院に付き添ってる間に夫が料理スキルを地味上げしてきてる件 - 実り多き人生
 
これは夫が料理についてはまだ初心者に毛が生えたくらい(失礼)ということもあるとは思います。
 
わたしだったらボリュームあるお肉とか魚とかイロドリになる野菜とか、とにかく「見た目重視」で料理もお弁当も作っちゃいます。
食材がマンネリ化するのも嫌なので、たまにスーパーとかで旬の野菜や珍しい食材を見つけると、冒険してカゴに入れてしまう。
 
それに対して夫は、見た目も少しは気にしつつも、基本的には食べて栄養を補給できればOKという感じです。
 
しかも自分が買い物担当になったことで、元々持っていた節約家精神に火がついた様子。
買い出しもスーパーの売り出し日をチェックして、確実にお得で、確実に夫が料理して使いきれる凡庸性のある食材を買ってるようです。
いわゆる「コスパ(コストパフォーマンス)重視」ですね。
 
あと、わたしは買い物に行くとついついお菓子をカゴに入れてしまいがち…。
夫は基本的にお菓子は食べないので、ここでも大きな節約になってると思われます。
 
ただ、わたしが家にいないから分からないだけで、実は夫が大好きなビールやお刺身をけっこうな頻度と量で楽しんでいるかもしれません…(疑いの目)。
 
まぁ、そこを加味しても、食費として用意しているお金がなくなるスピードが明らかに緩くなっているので、結果的に出費は減ってるんだと思います。
 

人の消費傾向をみて、自分の消費癖を振り返る

食費だけでなく、自宅や病院で使う日用品も夫に買い物を任せてますが、やっぱりお得なお店のお得な価格で必要なものだけ買う努力をしてる様子。
 
こういうのを見てると、わたしとしては正直
「ケチくさいなー」
って思ってしまう部分もあるんですが、対する自分の消費癖を振り返ってみると、反省すべき点は多々あったなと思うわけです。
 
その時に必ずしも必要じゃないものを好奇心で買ってしまったり、最悪それを使いきれなかったり、オヤツはないとダメって思い込んでたり…。
 
そういった小さいところから「本当にいま必要?」って毎回自問して、無駄な消費を抑える。
その積み重ねで、本当に生きたお金の使い方が出来るようになるんですよね。
 
だからと言って、やっぱりわたしは食事は楽しみたい派なので、最近は夫に「お弁当に肉入れて肉〜」なんてアピールは欠かしませんが。
 
でも、自分ひとりでずーっと買い物も料理もやってたらこの消費癖にも気づけなかった(うっすら気づいててもスルーしてた)と思います。
 
なので我が家の場合は必然的ではありますが、夫に家事も買い物も任せてみてほんとに良かったです。
 

夫に「全部お任せ〜」って言えるようになると、妻はラクになる&新たな気づきが生まれる

家事育児のほとんどすべてを一人でやってる主婦の人は、突然夫に全てをバトンタッチするとなると、不安で仕方がないかも知れません。
 
スキルもやる気も0の夫はまずお話になりませんが、夫にちょっと頑張ればやれるだけのスキルとやる気がある場合でも、今までの自分のやり方と違ったりすると
「いやいや、そうじゃないし」
って口出ししたくなりますよね。
 
わたしも元々はガッツリ口出しして、夫のやる気を削ぐことを得意ワザとしてたんですが、最近はカリカリせずに「全部お任せ〜」って言えることが増えてきました。
 
今回の買い物についてもそうで、そのおかげで自分は動かなくて良くなったし、食費も節約になった上に自分の反省すべき消費癖にも気づくことができました。
 
だからこれからもっと、「全部お任せ〜」を増やしていきたいですね。
もちろんお任せしたことに対する感謝の気持ちと「わたしは〜したい」っていう自分の希望はちゃんと伝えながら。
今回の件でいうなら「肉、食べたい」ですねw
 
またすこし、サレ妻(サレンダード・ワイフ)マスターに近づいたかな?
まだまだ道のりは長いですが、これからも楽しく実践を続けていきますよ!