読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

実り多き人生

なりたい自分と未来をつくる、自分時間の作り方。

想像するだけでワクワクする夢は、あれこれ理由をつけてとっておくよりサクッと叶えに行こう。

スポンサーリンク

f:id:ookiminori:20160226125402j:image

息子が入院してすぐの週末。
車で1時間ほどの私の実家に住む母と姉が、
わたしたち家族が住む街に来てくれました。
 
息子を一時夫に任せて、食事をしながら母と姉と話をしている時。
いきなり姉がこう切り出してきました。
 
「ところで今年の海水浴なんだけどさ。
やっぱり今年はゆっくり一泊してたくさん泳ぎたいから
ペンションかどっか今から予約しとこうと思うんだけど」
 
…姉よ、今なんていった?
この状況でいきなり今年の海水浴の話ですと…?

 息子が入院したばかりで先のことなんて考えられない?

我が家は息子が緊急入院したばかり。

 
今後手術が必要なのかとか
良くなるまでにどのくらいかかるのかとか
まだハッキリと分かってない状態なのに。
 
いきなり今年の夏の海水浴の話って…。
 
という趣旨のことを姉に話そうとしたその瞬間、
「いや、待てよ」と頭の中で囁く声が。

現状を理由にやりたいことを後回しにする必要、ある?

そんな言葉が頭の中に湧いてきました。
 
実は今年の夏に泊まりがけで海水浴にいくことは
去年から姉や夫と話してたことで
わたしたち家族みんなが楽しみにしてたことなんですね。
 
むしろ今のこの状況だからこそ
家族みんながワクワクすることを
サクッと叶えに行かないで、どうするの?
 
と、1.5秒くらいの時間を使って
頭の中でそんな結論が出たので
わたしは姉にこう言いました。
 
「今年は一泊してとことん海を満喫しよう!
泊まるところの予約は任せたよ!」
 
 

というわけで、今年は夢をサクッと叶えてきます。

はい。我が家は今年の7月に
隣の県のとってもとっても綺麗な海に行きます。
 
え? 隣県の海? 海外旅行とかじゃなくて?
なんて思われるかもしれませんが
これもわたしにとっては立派な夢です!
 
そもそもその人自身がワクワクすることに
スケールの大小なんて関係ないですもんね。
 
去年、日帰りで同じ海に行った
わたしの家族と姉家族とわたしの父母と一緒に。
 
去年はあまりの海の綺麗さにみんなで感動して
でも日帰りだったから夕方には泣く泣くお別れした海に
今度は泊まりがけで会いに行きます。
 
ああ…
ワックワクするなぁー!
 

このワクワクは

元気になった息子が浜辺で遊んでる姿を家族で眺めながら

「元気になってほんとに良かったね〜」

って喜び合う未来に確実に繋がっています。

 

波打ち際で遊ぶ息子と娘と甥っ子たちに混ざって

わたしもキャッキャはしゃぐんだもんね〜。

 

想像するだけでワクワクする夢は
理由をつけてとっておかないでサクッと叶えてしまうに限る!
 
それを教えてくれた姉の一言に感謝ですね!
(本人は多分なんにも考えてなかったと思うけどw)