実り多き人生

「早起き&朝活」で人生を変えたい人を応援するブログ

カチン!とくる夫の一言に、キツイ言葉で言い返したくなる私とあなたに贈る処方箋。

スポンサーリンク

f:id:ookiminori:20160104050356j:plain

おはようございます!みのり(@minorijinsei)です。

 

ただ今、夫婦関係をより豊かなものにするために、サレ妻(サレンダード・ワイフ)を実践中です。

サレンダード・ワイフとは一言でいうと「夫をコントロールしようとせずに、立てる妻」のことをいいます。

本文最初に書いてある、サレンダード・ワイフの原則はこちら。

■彼を不当にコントロールしないこと

■彼の考えを尊重すること

■彼の贈り物を喜んで受け取り、感謝すること

■彼に自分の望みを伝えること

■家計は彼にまかせること

■自分を磨き、目的を達成すること

 

この原則の1、2番目にある「彼を不当にコントロールしない」「彼の考えを尊重すること」っていうのが私にとっては実践を続けるのが難しいことで。

夫の言葉や行動に、ついつい口出しする癖が染みついちゃってるんですよね。

 

でもこの2つの原則って、「サレンダード・ワイフ」の一番初歩的かつ核となる部分なんですよ。

なのでこれをなんとか乗り越えないことには、サレ妻道ははじまらない!

ってことで、これから2回に分けて「夫に口出ししない」といいつつも、つい口出ししそうになったり実際に口出ししちゃってる私と、そんな私と同じところでつまづいてるかもしれないあなたのための処方箋(←長いね)を贈りたいと思います。

目次

 

夫をないがしろにすることは、自分自身もないがしろにすること

 

「サレンダード・ワイフ」の本文最初の方には「夫に敬意を払って、夫の言うことを尊重しなさい」と書かれています。

 

上の言葉だけ見ると、「夫にひれ伏せって意味?」「なんなのこの夫至上主義は?」なんて思ってしまう人もいるかもしれないけど、それって実はこういうことなんです。

パートナーの言葉に耳を傾けなさい。たとえ彼の言うことに賛成できなくても、彼の考えをないがしろにしてはいけない。

彼に敬意を払うことーそれは、あなたの自尊心の問題だ。賢く、思慮深いあなたが選んだ男性は、あなたの愛と尊敬を受けるにふさわしい男性であるはずだ。もし彼をないがしろにしているようなら、どれはあなたが間違った選択をしたことを、みずから告白しているようなものだ。

 

はい、何を隠そう「夫を尊敬しなさい」っていうメッセージに強い抵抗感を感じたのは、この本を最初に読んだ私自身なわけですが。

でも上に挙げた一節を読んで、気づいたんです。

自分が人生最良の伴侶として選んだ相手をないがしろにしてるってことは、自分自身の人生もないがしろにしてるってことなんだな、って。

 

そこから私のサレ妻道が始まるわけですが、

「夫の言葉に耳を傾ける、夫の言うことに賛成できなくても、その意見をないがしろにしない」っていうのは、気合を入れて3日間くらいはできても、その後が続かないんですよね。

 

特に夫の方から「カチン!」とくる言葉を投げかけられた時なんか、すぐに感情をあらわにして言い返す癖が抜きれなくて、いつも「あー…、また言っちゃったよ」と後から反省…。

 

これではいかん、と思った私がサレ妻実践にあたって実験してみた方法がこれでした。

 

夫の言葉にカチン!ときた時の処方箋:「とりあえずその場で10秒黙る」

 夫の放った一言が、本人的にはなんの他意もないものだったとしても、私にとってはカチン!とくることはたくさんあります。

もともと我が家の夫は一言多いんです。

悪気はないんだけど気を赦した相手ほど「そこまでいわなくていいんじゃない?」ってとこまで突っ込んでしまう習性を持っているようで。

なのでそんな夫に10年近く付き合ってきた私自身に何を言われてもカチンとくる癖がついている、というのもあるかもしれません。

 

でも、ここでカチン!ときた感情のまま返事をしてしまうと、だいたい口げんかに発展します。そこまでは至らなかったとしても、夫婦間の雰囲気の悪化は避けられません。

 

私は昔から一言多い夫に対抗するため、豊富なボキャブラリー語気の強さという二つの武器を身につけてしまっています。

なので、やろうと思えばいつでも簡単に夫を委縮させたり、夫の神経を逆なですることができます。

 

でもそんな武器を自慢げに振るったところで、夫との信頼関係が壊れて殺伐とした夫婦関係の完成を早めるだけだと気づいた私。

とりあえず、武器をふるいかけたらそのまま振り下ろさず、立ち止まって10秒間黙ってみることにしました。

 

夫の言葉にカチンときた時、「10秒間黙る」ことで冷静さを取り戻せる

カチン!ときたら口をギュッと結んですぐ10秒。

とりあえず心の中で数を数えてみると、面白いほど自分の心の動きが分かるようになりました。

 「いち、にい…今の言い方は何!?」

「さん、しい…自分のことは棚に上げて、私のことを責めてくるなんて!」

「ご、ろく…あー腹立つ!…でもあれ?夫の言葉、そんな強い言い方だったかな?」

「しち、はち…もしかしたら責めてるわけじゃなく、話を聞いて欲しいだけなのかも」

「きゅう、じゅう…私が今疲れてるから、ちょっと過敏に受け取ってしまったかな?」

 

みたいな感じで。

もちろんいつもこんなに上手くいくわけではないけど、大体はこの沈黙の10秒間でカーッとなった頭を冷やして夫の言葉を冷静に捉えられるようになります。

 

10秒間おいて、ちょっと冷静を取り戻した後は、そのままそれについては何も言わずに流してもOK。

会話の途中で10秒も黙ってたら夫に突っ込まれるかも、と思うかもしれませんが、我が家の場合は特に夫も気にしてないようで、そのまま次の会話にスーッと入っていくことが多いです。

そう。これこそがまさに、夫が私を責めてたり、何かしらの答えを求めて言葉を発したわけじゃないっていう証拠になるわけなんですが。

 

「カチン!」とくる夫の言葉が私に教えてくれること

 この「10秒黙る」実験によって明らかになったのは、

カチン!とくることの9割以上は、私の過剰な被害者意識によるものだ、という事実でした。

 

自分自身が忙しすぎたり、疲れがたまってたりして、最近家事や子どものお世話に手をかけれてないな~と思ってる時。

そんな時に夫に家事や子どもについて話題を出されると、自分自身が出来てないってすでに負い目を感じてしまっているから、夫の言葉をフラットな心で受け止めることができないんですよね。

結果的に、夫のちょっとした言葉に反応して「夫に責められている」と思い込んでしまうわけです。責めてるのは夫じゃなく、私自身なんだけどね。

 

そのことに気づいてからは、カチン!がきたら「10秒黙る」ということをより意識して行うようになりました。

黙ってる間に、「なんで今私はこの言葉に反応したんだろう?」って考えることで、自分が今本当は何に対してストレスを抱えているのかってことがぼんやりと見えてくるようになりました。

 

そういう見方が出来るようになると、夫の言葉ってむしろありがたいなって思うようになったり。

「パートナーは自分自身の鏡である」ってよく聞く言葉だけど、本当にそうだなって思うんです。

 

夫の言葉というフィルターを通して、自分自身の内側の声に耳を傾けることが出来るようになると、自己理解が進む上に余計な夫婦喧嘩も減って、夫婦仲が劇的に改善する。

そのことを、私はこの「10秒黙る」実験で学びました。

 

それでもどうしても腹が立つなら言い返してもいいと思う!でもその前に…。

 でも私もそうだったように、日頃から夫婦で口げんかばかりしてる人は、最初は中々そんな風には思えないと思います。

あと、さっき「カチンとくる言葉の9割は自分の被害者意識からくるもの」って書いたけど、じゃあ残りの1割はっていうと、夫が確実に喧嘩を売ってきてる場合ですよね。

 

そんな時は夫の言葉に思いっきり腹を立ててもいいし、怒りが収まらなければ文句を言い返してもいいと思います。でもその場合でも

何か言い返す前にとりあえず10秒だけ黙ってみることをオススメします。

 

同じ「言い返す」という行為でも、カチンときたその感情をそのまま夫にぶつけるのと、10秒黙ってちょっと冷静になってから気持ちを言葉にするのとでは、その後の会話の実になり具合がぜんっぜん違います。

 

感情でばーっとまくし立てられたら相手も感情で返すしかないですからね。意味もないただの口げんかに発展して終わりです。後に残るのはお互いに対するイヤーな気持ちだけ。

 

でも先に10秒黙った後っていうのは、その感情がちょっと落ち着いてるので、言い返すにしてももうちょっと理論的な言葉を選べるようになったりします。

そうすると、その後の口論も理論的に進むし、最終的にはお互いの意見を認め合う方向に話がまとまりやすくなります。

 

どっちの方法を選択するかは個人の自由だけど、夫婦間の雰囲気を悪くするリスクをとってまで言い返したいのなら、後者を選んだ方が妻としては断然クレバーでカッコいいんじゃないかな~、なんて私は思うのです。

 

まとめと次回の予告

なんていいつつ、私自身がそれを完璧に出来てるわけでもなく、目下修行中の身であります。

こんな記事書いておきながら「あぁ、10秒待たずにキツイ言葉浴びせちゃった…」ってなることも未だしょっちゅう。

 

じゃあ、分かっていてもついついそのまま言い返してしまった時はどうしたらいい?

っていうのを次回の記事で書いていこうと思います!

 

【追記】書きました♡

www.minorijinsei.com

 

  私も、キツイ妻だな…なんて思ったあなたはこの本も合わせて要チェックですよ!

それでは今日も、実り多き一日を!

 

www.minorijinsei.com