実り多き人生

早起き&片付け・断捨離で、自分らしい人生をつくるブログ

【12月はじまり手帳】シンプルイズベスト!2016年の手帳はEDiTの週間バーチカルにしてみたよ。

スポンサーリンク

おはようございます!みのりです。

 

明日から12月…1年がたつのは早いですねぇ。

皆さん、来年の手帳の準備はもうお済みでしょうか?

 

私は数日前、やっと購入しましたよ。

12月から使える手帳なので、明日からガシガシ使っていこうと思ってます。

 

今日は「ほぼ日」や「ジブン手帳」など、ここ数年手帳ジプシーを続けている私が来年のパートナーとして選んだ、EDiTの週間バーチカル手帳について紹介します!

 

 来年の手帳をEDiTの週間バーチカルに決めた理由 

①1日1ページは書ける気がしない

1人目の育休中にほぼ日を使って育児日記を書こうと目論んだけど、途中で仕事復帰した途端に日記が途絶えてしまった私。

書くのは好きだけど、仕事しながら1日1ページはちょっと重いわ…って思ったので、今回は最初から週間型の手帳を探してました。

 

EDiTも、最初は1日1ページ手帳のイメージが強かったので今回の候補から外してたんだけど。何気なく検索してたら週間バーチカルも出てることを知りまして。

 シンプルなデザインがいいかも、と思ったのがはじまりでした。

②週間バーチカルは縦型が書きやすい!

これ、「ジブン手帳」を使ってた時にすごくそう思ったので。

週間タイプの手帳って、週間バーチカルが横型のが多いんですよね。

でも実は縦型の方が一週間が同列に並んでて、ざっ見れるから私は好き。

なので、週間バーチカルの縦型を探してました。

③このカバー使えそう。

んで、週間タイプの手帳でバーチカルは縦型で〰って探してたら見つけたのが今紹介してるこれ。

 

 カバーにジッパーがついてて、中にスマホとか付箋とか薄いメモ帳とか色々収納できるんですよ。

パッと見て、「あ、なんか使い勝手良さそう!」って思いました。青色も好きだしね。

 

以下、公式ページ

EDiTエディット: 人生を編集する、手帳 2016とノートから。

 

STORAGE. it for EDiT

アイデアは机上では生まれない……非日常空間や新たな出会いからアイデアが生まれる。
そんなコンセプトから生まれたノート「STORAGE.it(ストレージ ドット イット)」のカバーがEDiT仕様になりました。
収納にこだわったマチつきのスライドジッパー付きカバーは、スマートフォン、ペン、ふせんなど持ち歩きたい小物を一緒に収納できてとても便利。クリアなPVC素材なので、カバーの上からスマートフォンの操作も可能です。

カバー上下のスロット(穴)はイヤホンコードやペンクリップ用。必要なモノだけカバーに入れて、手帳を片手にスマートに移動。
社内外の打ち合わせが多いビジネスパーソンや最小限の荷物をまとめて身軽にお出かけしたい方におすすめです。 

 

非日常空間や新たな出会いからアイデアが生まれる。

いいじゃないですか~なんかワクワクする感じ。

 しかもほぼ日とかジブン手帳と比べて価格もお手頃!よし、来年はこれにしよう!

ってことで決定しました。

 

実際に手にしてみた感想をいうよ。

①思ったより薄い!デザイン超シンプル!

家に届いた実物がこちら!

f:id:ookiminori:20151130044742j:image

手にした瞬間「あ、なんか思ったより薄い」って思いました。

ほぼ日やジブン手帳のゴツさに慣れてたんですよね。まぁ週間のみならこのくらいの厚みだろうと思います。

メモページもあまりないし、ほんとスケジュール管理に特化したって感じ。

そのシンプルさが逆に使いやすいんじゃないか、そうだといいなーと思ってます。

 

あと全体的なデザインがシンプルで、無駄がない感じ。

フォントにも癖が全くないし、罫線とかも基本細くて薄いので、枠を飛び越えて好きにカスタマイズできそうなのが好感触。

 

②月間プランニングページがいい感じ

各月のマンスリーページの次項に、月間プランニングページがあります。

f:id:ookiminori:20151130045601j:image 

「今月のテーマ」とか「月間プラン」とかが書き込めるのはいいかも。

枠もシンプルなので、自分でカスタマイズしがいがありそうです。

③ストレイジジッパー使えそう!

ジッパーはスマホも入るくらいなので、割となんでも入ります。

私は読みかけの本をいつも持ち歩いてるので、付箋とメモ帳を入れておくかな~。

 f:id:ookiminori:20151130045759j:image

ちょっとかさばるけど、色々まとめて持ち運びたい人にはよいかと。

切り込みにペンもさせるのが何気に便利です。

 

 ④週間バーチカルは「土日」の欄が小さいのが残念。

 週間バーチカルが縦型なのは良かったんだけど、土日のスペースが小さかった~。

f:id:ookiminori:20151130050013j:image

これは私の事前の確認ミスだからしょうがないんだけど。

土日関係なくお仕事してるので、この分ではジブン手帳が良かったかもしれない。

 

まぁ、EDiTは「土日」を小さくした代わりに右側に自由欄を作って、週間タスクとかメモとか書けるようになってるので、そこはいいかな、と。

 

EDiTの週間バーチカル手帳はこんな人におすすめ! 

 
  • 「1日1ページ」手帳は重すぎる、過去に挫折したしって人。
  • ノート、メモ帳は別に管理していて、月間~週間のスケジュール管理のみに手帳を使いたい人
  • 書き方を自分で自由にカスタマイズしたい人

 

上の3つのうちどれか1つでも当てはまる人は、EDiT週間バーチカルを来年の手帳候補に入れてみてもいいかもです。

ってか今の時期、もう決めてる人がほとんどかもしれないけど。

まだ買ってない~!って人は、これ12月から使えるからちょうどいいと思いますよ。

 

特に色んなテーマ別手帳が発売されている中で、無駄をそぎ落としたシンプルな手帳に飢えている人はこれ、きっと活用できるはず!

 

ちなみに他に候補にあがってた手帳たちも紹介

①ジブン手帳 

 2年前に購入して使い勝手がよかったジブン手帳。

今回2016のダイアリーだけ買い足そうと思ってたけど、前のを見返してみると、デザインとフォントが少しポップすぎて微妙に私の好みじゃなかった…。

 

でも週間バーチカルの使い勝手はほんと神レベル

1日1ページとまではいかずとも、行動記録とかをある程度書き込みたい人にはオススメ!

 

②7つの習慣 入門手帳

 

今まで何度も読み返して、私自身影響を大きく受けてる「7つの習慣」の手帳。

「入門編なら実践しやすいかも!」って食いついたけど、手帳のテーマとフォーマットがきっちりしすぎてて、途中で気分がそれてしまったらまた放置してしまいそう…。

なので今回は見送り。来年はチャレンジしてみたい!

 

③朝活手帳

 

最近は朝3時起きで活動してるので

毎朝3時起きの私が教える、早起きを習慣化するための6つのコツ - 実り多き人生

「これぞ今の私にぴったり!」って食いついたけど、よく見たら時間軸が4時からしかなかった…。

やっぱり3時は「朝」とは認定されてないってことですかね…。

 

なんていいつつ最終的には2時起きになるつもりの私なので、そこから書き込めないのは意味ナシ…ってことでこれも見送り。

 

でも大体の早起き人は4時起きくらいだと思うので、朝活を積極的に取り入れたい人にはモチベup間違いなしの手帳です。

私も時間軸が2時からあるなら絶対買ってました。

 

まとめ

早い人はもう11月から使い始めてる、2016年の手帳。
 
まだ買ってないんだけど、とりあえず週間ページがあって、シンプルなやつない?って人は是非このレビューを参考にしてもらえれば。
 
自分にあった手帳をフル活用して、ワクワクする2016年にしましょう!
 
 
それでは、今日も実り多き1日を!