読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

実り多き人生

早起き&片付け・断捨離で、自分らしい人生をつくるブログ

毎朝3時起きの私が教える、早起きを習慣化するための6つのコツ

スポンサーリンク

【2016年12月07日更新】

 

今日も安定の3時起きな私です。

  

でも少し前までは早起きに漠然と憧れつつ
朝ギリギリまで惰眠を貪っては後悔しながら起きてくる…
という生活をしてたんですよね。

 

そこで今日は、本来寝るのが大好きな私が
朝3時起きを習慣化させることができたコツはなんだったのか
について書いてみたいと思います。

 

【目次】

1.やりたくてたまらないことを早起きしてやる

夜明けの海

一番はなんといってもこれ。

 

わたしには幼い子どもが2人いるので
日中に自分の時間を確保するのは至難の業でした。

 

大好きな読書とブログを続けるためには
子どもが寝ている朝の時間にやるしかない!
というのが早起きを始めたキッカケです。

 

  • 観たい映画やドラマを朝に見る。
  • ランニング、ストレッチを朝にする…。

 

などなど、大切なのは
何のために早起きをするのか、目的を明確にすること。

 

早起きしてやりたいことをリストにしてみるのも
モチベーションUPに効果がありますよ。

早起きのモチベーションUPに効果あり!朝起きてやりたい「モーニングリスト」を作ってみました。

 

2.寝る前のスマホをやめる

早起きしたければ、夜も早く寝ないといけません。

 

テレビなんかもそうですが
スマホは寝る前にみてると本当に眠れなくなります。

早起きしたいなら、寝る前のスマホをやめよう 

 

他の人のブログとか、SNSが気になる人は
夜8時まで!なんて決めて
後は朝のお楽しみにとっておきましょう。

 

それだけで早く起きれるようになるかも。

 

3.起床後のルーティーンを作る

わたしの起床後のルーティーンはこんな感じ。

 

  1. 2時50分に鳴るスマホの目覚ましを止める
  2. 布団に潜って(子どもを起こさないように)スマホで5分ほどネットサーフィン。
  3. トイレと洗顔と歯磨き。
  4. キッチンへ行きティファールのスイッチをオン。
  5. テーブルの上にPCや本やA4コピー用紙の束をセット。
  6. お湯が沸いたらインスタントコーヒーを保温ボトルに入れて、テーブルへ
  7. 「ゼロ秒思考」のメモ書きを、何枚か書きなぐる。
  8. 頭がスッキリしたところでブログ執筆開始!

  

【参考記事】

「ゼロ秒思考メモ」は一生ものの習慣になると思う。3週間やってみて私が感じた3つの効果。 

 

早起き後の過ごし方を試行錯誤している内に
今のルーティーンに落ち着きました。

 

決まったルーティーンを毎朝起きてからこなすことで
頭と体がシャキッとしてきて
「さ、ブログ書くぞ!」って気になります。

 

自分に合う起床後のルーティーンを作ってしまえば、
体が勝手に目覚めてくれるようになるんですね。


【最近の朝活タイムスケジュールはこちら】

超早起き主婦の朝活タイムスケジュールを公開!自分の時間を充実させるための朝活のコツ。

 

4.早起きのモチベーションUPにプチご褒美を用意

私にとっては朝の一人時間こそが
誰にも邪魔されず書くことに集中できるっていう
ビッグボーナスなんですが。

 

さっきのルーティーンで書いてた
「コーヒー入れる」のがプチご褒美です。

 

甘いものが好きな人はちょっとしたオヤツを用意しとくとか
気になる漫画の続巻をあえて読まずにとっておくとか。

 

早起きのモチベーションを上げる「プチご褒美」があると
起きる目的意識がより強くなりますね。

朝、布団の中から出られない人へ。「あと5分だけ」が「さぁ、起きよう!」に変わる2つの魔法。

 

5.自分の適性睡眠時間を知る

ショートスリーパーとかめちゃくちゃ憧れますが
私にはむ~り~。

 

これも早起きを習慣化する過程で分かってきたんですが
私は今の生活スタイルだと、7時間は睡眠が必要です。

 

だから今は夜8時に寝て、朝3時起きがちょうどいい。

 

もちろんその日の自分の体調や季節によっても
適正睡眠時間は変わってきます。

 

なので、起床時間は体の声を聞きつつ
午前2時半~午前3時半の間で微調整していますよ。

早起きを長く続けるコツ。起床時間に縛られずに、体の声に耳を傾けよう。

 

6.起きれない日はとことん寝る

どんなに早起きに慣れても
どんなに楽しいことが待ってようと。

 

その日の体調によってはアラームが鳴った時点で
「起きるのツラい~」ってなることもあります。

 

そんな時は、もうあきらめてとことん寝る!

 

これはきっと体が休息を求めてるんだから
無理してもイイコトないない、って受け入れて
好きなだけ眠りの快楽に身をまかせるようにしています。

 

絶対何がなんでも起きないと!って思ってると
義務になっちゃってイヤになるから。
出来ない日もあっていいよねってユルさも続ける秘訣かなと。

 

これは早起きだけじゃなく
ブログでも何にでも言えることだと思うんですけど。

 

途中でやめてしまっても
また次の日から始めればいずれは習慣化するもんだと思ってます。

 

早起きを習慣化するコツまとめ

早起きを習慣化するための6つのコツ

  1. やりたくてたまらないことを朝にする
  2. 寝る前のスマホをやめる
  3. 起床後のルーティーンを作る
  4. モチベーションUPにプチご褒美を
  5. 自分の適性睡眠時間を知る
  6. 起きれない日はとことん寝る

 

「早起きのコツ」をもっと詳しく学べる本

もっと具体的に早起きの方法を知りたいあなたには

この本がオススメです。

早起きに関する本は色々ありますが
根性論じゃなく
技術を駆使して早起きを習慣化する方法について
ここまで詳細に書いてある本は他にないかと。

 

でも他にも早起きに効く本が知りたい!
そう思ったあなたはこの記事も読んでみてください。

【毎朝3時起きの私が教える】「早起き」で人生を加速させたい人が読むべき本10冊! 

 

あなたにピッタリの早起き本を見つけて
早起きで人生を加速させましょう^  ^

早起きが続かない時は、この記事も参考に

超早起きブロガーが教える、あなたの朝活が続かないたった1つの理由。