実り多き人生

早起き&片付け・断捨離で、自分らしい人生をつくるブログ

【気づき】私がサレ妻(サレンダード・ワイフ)になるために、「7つの行動」をやめてみて知った衝撃の事実とは。

スポンサーリンク

前回、前々回と
サレ妻になるために私が1日「やめてみたこと」について紹介しました。

 

【これまでの経緯はこちらのまとめの1~3をどうぞ】

愛され妻になろう!当ブログの「サレンダード・ワイフ実践記」記事まとめ 

 

 実際に「やめてみた」のは以下の7つのこと。

1.「夫の決定に口をはさむ」のをやめた

2.「夫の運転中、道を教える」のをやめた

3.「夫に意見を聞かれて答える」のをやめた

4.「夫のミスを責める」のをやめた

5.「夫の手をふりほどく」のをやめた

6.「自分がしたいことを、~していい?と聞く」のをやめた

7.「夫の息抜きに制限をかける」のをやめた

 

この7つのやめた行動によって
気づいたことを今日は書いていきます。

【目次】

「7つの行動」を1日やめてみて気づいたこと

f:id:ookiminori:20160104045600j:plain

私がコントロールせずとも、夫は頼りになる

 1日「サレ妻」を実践してみて分かったことは

夫は私がコントロールしなくても、しっかりしてるし頼りになる存在なんだ、ってこと。

 

最初はね、正直めちゃくちゃ不安だったんですよね。

 

下の子を夫の判断で保育園にいかせたことに関しても、目的地に着いた時、方向音痴の夫に駐車場の場所をあえてアドバイスしなかった時も。

夫に判断に全て任せて本当に大丈夫?って。

 

でも、結果的に下の子は一日元気に保育園で過ごしてくれたし、夫はちゃんと目的地近くの駐車場に車をとめることができた。

 

それ以外のすべてのことも、私がやめたことで困ったことには一つもならなかったんです。というかむしろ、そっちの方が良い結果を生んでいた。

 

夫が自分で何かをする前に私が先回りしてアレコレやらなくても、1日なんの問題もなく過ごせたし、それどころか夫婦でいる時間をいつもより楽しく過ごせたんですよね。

 

実際この日は、それまで1日1回はしてた口げんかもしませんでした。

 

私は最初こそ不安だったものの、時間がたつにつれ夫に色んなことを委ねることに心地よさを感じるようになりました。

 

所用に出かけた行きの車では、夫が進む道に口出しせずにただ座っていることに集中しようと頑張っていたけど、帰りの車では、頑張らなくても自然とぼーっとできました。

 

私が何も言わなくても夫がちゃんと私を家に連れて帰ってくれる(途中でアイスも買ってくれる)んだって思うと、なんだか心底安心した気持ちになれたのでした。

 

夫の方も、私が色々と口出しをしなかったことで、とてもリラックスして過ごしているようでした。

 

色んな場面で私に頼られたことで、夫として、男性としての自分を意識したのか、帰りの車を運転中の夫の横顔は、少しキリッとたくましい表情になってる気がしました。

 

夫を「頼りない夫」にしていたのは、私

そんな夫を見ながら思ったんです。

私が今までよかれと思って色々口出ししていたことが、どれだけ夫のやる気を奪っていたんだろう。

夫を「頼りない夫」にしてしまったのは私だったんだな、って。

 

夫はきっと、ずっと前から私に頼って信頼して欲しかったんだと思います。

その気持ちを私はずーっと無視してきてしまったんだなぁって、今やっと気づいたんです。

 

他の誰でもない、夫の一番近くにいる妻が彼を無条件に信頼して、頼ること。

そのことによって夫はもっと自分に自信を持てるし、妻のことを大事にもしてくれる。

 

文章にするととてもシンプルなことだけど、私も含め多くの人には勇気がいることだと思います。

 

一週間サレ妻を続けたら、夫婦関係が変わった

ずっと気にはなりつつも、抵抗感がありすぎて4年間実践できなかった「サレ妻」。

それをたった一日やりきってみただけで、私の心にも夫婦関係にも大きな変化が生まれました。

 

その日以降も私は現在進行形でサレ妻を続けていて、1週間以上経過しました。

その間、夫とのけんかは一度もありません。代わりに「ありがとう」という言葉をお互いによく使うようになりました。

 

朝は6時前とは言わないとしても、子ども二人が目覚めたころに夫は自分で起きてくるようになりました。

 

起きてこれなかったとしても「そんな日もあるよね」って私が目くじら立てずにスルー出来るように。

 

夫に任せていることについうっかり口出ししそうになる、ということも減ってきました。

夫は以前よりもっと家事育児に力を入れてくれるようになり、仕事して帰ってきた私をねぎらってくれるようになりました。

 

いいことばっかり書いてるって思うかもしれないけど、実際に上の7つのことを一週間「やめ続けた」ことで、悪いことなんて何一つ起こらなかったんですよね。

 

 たった1日の実践から始まったことが今、思った以上に実を結びはじめています。

 

夫を変えようとしない。自分を変える。

「サレ妻(サレンダード・ワイフ)」は、パッと見はとても極端なアプローチで、人によっては強い抵抗感を呼び起こすものだと思います。

 

私も思っていたけど「なんで私だけが我慢しないといけないの」って思ってしまうようなことが書かれてあります。

 

でも、それでも本当に夫婦関係を良くしたいという気持ちがあるのなら、本文中にも書いてあったこの言葉が全てじゃないかと思うんです。

 

あなたが変えることができるのは、あなた自身だけ…。

 

私は夫を変えることはできない。でも私自身が変わることはできる。

そう自分に言い聞かせて、今回勇気を出して飛び込んでみたら、今までにない夫婦の形を見ることができました。

 

だから、私には合っているんだと思います。

これからも本を読み返しつつ、楽しんでサレ妻を実践できればなと思っています。

それを続けることで私と夫がこれからどんな風に新しい関係を作っていくのか、私自身が一番知りたいんです。

 

もちろん、これから実践を続ける過程でうまくいくこともいかないこともあると思うので、そういった気づきについても読んで下さってる方にシェア出来たらなって考えてます。

 

サレ妻、えー?と思いつつも、気になってしまうあなた。

だまされたと思って一度読んでみてください。

そこから思ってもみなかった新たな世界が拓けるかもしれませんよ。

 

www.minorijinsei.com