実り多き人生

「早起き&朝活」で人生を変えたい人を応援するブログ

【実践②】私がサレ妻(サレンダード・ワイフ)になるために「やめてみた」7つのこと

スポンサーリンク

 今日は、一日サレ妻になりきるために「やめてみた」7つのこと、

【実践①】の続きです。

 

昨日の「やめてみた」1~4まではこちら。

 

1.「夫の決定に口をはさむ」のをやめた

2.「夫の運転中、道を教える」のをやめた

3.「夫に意見を聞かれて答える」のをやめた

4.「夫のミスを責める」のをやめた

  

さて、今日は5から行きますね。

 

【目次】

5.「夫の手をふりほどく」のをやめた

f:id:ookiminori:20160104045600j:plain

どのようにやめたのか?

所要のため車で出かけ、目的地近くの駐車場に着いた私と夫。

 

私たちが駐車場から外に出た時、雨がかなり激しく降っていました。あいにく持ってきた傘は1本だけ。

 

「目の前のコンビにて傘を買おう」と私が良いかけた瞬間、

夫が傘をさして私の肩をグッと引き寄せ、歩きはじめました。

 

たぶんこれが、夫婦はじめてのあいあい傘ですよ。

私は思わず心の中で「ヒ~!やめて~!!」って叫びました。

 

読んでる方の中には「え?なんでそんなに嫌なの?」って思われる方もいるかもしれないですね。

 

でも私、ダメなんです。夫と外で手を繋ぐとか、あいあい傘で肩を抱き寄せるとか、そういうの基本的に無理なんです。

ベタベタするの苦手なんです。夫が嫌いとかそういうことじゃなくて、なんか苦手なんです。

でも、夫はそういうのが好きなタイプなんですよね~。正反対の夫婦なのです。

 

反射的に肩に乗せられた夫の手をバッ!!と振りほどきそうになりました。

が、すんでのところで立ち止まり、手をふりほどくのをやめました。

 

その後は夫のエスコートに従い、フラフラしながら雨の中をあいあい傘で歩きました。目的地までの3分が20分くらいに感じましたよ。

 

結果、どうなったか?

夫は私が雨で少しでも濡れないように、傘を私の方に一生懸命傾けて持ってくれました。

その時は夫は何も言わなかったけど、家に帰ってから「あの時めちゃくちゃ逃げたそうな顔してたよね」って言われました。バレてーる。

 

でも、そういいつつも外でスキンシップができて嬉しかったのか夫は超ご機嫌でした。

 

私自身もしばらく肩を引き寄せられて歩くうちに、

「なんか私守られてる感がある?いや、めちゃくちゃ恥ずかしいんだけど、夫が一生懸命雨にあたらないようにしてくれてるのがちょっと嬉しいかも…」

という気持ちが一瞬出てきました。

 

これには自分でビックリ。

私的には今書いてる7つの「やめてみた」の中で自分自身に一番心の変化があった気がします。

 

6.自分がしたいことを、「~していい?」と聞くのをやめた

どのようにやめたのか?

所用がすんで、また夫の運転で家に帰る道すがら。

あいあい傘での一件にダメージを受けたのか、猛烈に甘いものが食べたくなった私。

 

いつもなら「なんか甘いもの食べていい?」と夫に聞くと、

「さっきご飯食べたのに、もう食べるの~?太るよ~?」なんて言われてムッとして口げんかに発展する…というパターン。

 

自分がしたいことをいちいち夫に同意してもらおうとするから、期待したのと違う答えが返ってくると腹が立ってしまうんですよね。

 

なので今回は聞くんじゃなくて、「なんか甘いもの食べたーい。アイス食べたいなぁ」って無邪気を装って言ってみました。

 

その結果、どうなったか?

すると夫は「もうちょっと行ったら左側にサーティーワンがあるから、そこでいい?」と。

自分が食べるわけでもないのに、小言を一切いうことなく、さっとサーティーワンに車をとめてくれました。

 

久々のポッピングシャワー、美味しかった~!

あいあい傘ダメージがこれで一気に回復しました。

単純ですね、私。

 

7.「夫の息抜きに制限をかける」のをやめた

どうやめたのか?

家に帰って子どもを保育園に迎えに行き、お風呂や夕食を終わらせました。

私が後片付けをしている時に、ソファでスマホを触りだす夫。

 

私は家族みんなで一緒にいる時に、スマホをいじるのは好きじゃなくて。

特に子どもの前では極力スマホを見ないようにしています。

 

でも、夫はスマホを見だすと子どもを見るのを忘れてそっちに没頭してしまうんです。

 

それが夜寝る前だったりすると、スマホ見すぎて目が冴えて…。

夫だけ眠れない→翌朝起きてこれない、というのがけっこうあって。

 

だからいつもなら夫がスマホを見だしたな~って時に

「今は家族の時間だからね~」とか「もうすぐ寝るよ~」なんて声をかけて、私見てますよアピールをしてたんですよね。

 

だけどそれをやめました。

夫がスマホを見ていても声をかけず、だからといって顔で怒ることもせず。

 

淡々と後片付けをすませて、子どもを着替えさせて「じゃあ先に寝るね、おやすみ~」と夫に言ってリビングを後にしました。

 

その結果、どうなったか?

私は子どもとすぐに寝てしまったので、夫がいつ布団に入ったのかは分かりません。

でも、翌朝の夫は…なんと6時前に自分から起きてきました!

 

今まで私がどんなに声をかけても、朝は6時半以降にしか起きれなかったのに。

自分で起きてきたよ!スゴいよ夫!

 

この「夫、朝起きれない」問題は前々から私の中では深刻で。

何回言っても本当に起きてくれないから、最終的には「いいかげんにしてよ!」って朝から怒らないといけないのがもー、ストレスだったんですよね。

 

なので、少しでも早く寝てもらえるように夫の夜の息抜きを監視していたわけですが、まさかその逆が効果ありだなんて!

 

今までどれだけ逆効果なアプローチを繰り返してたんだろって思いましたね。

  

まとめは次の記事で!

 

さて、これで7つの「やめてみた」が出そろいました。

1日サレ妻になりきってみて、思った以上にたくさんの気づきがあったわけですが、今日もここでお時間です。

 

まとめと気づきについてはまた明日書きますね。

 

【追記】まとめを更新しました!

【まとめ】私がサレ妻(サレンダード・ワイフ)になるために「やめてみた」7つのこと 

 

サレ妻についてもっと詳しく知りたい方は、この本を読んでみてくださいね。

 

サレ妻関連の記事一覧はこちらから。

愛され妻になろう!当ブログの「サレンダード・ワイフ実践記」記事まとめ