実り多き人生

「早起き&朝活」で人生を変えたい人を応援するブログ

最低限の生活コスト。それが分かれば、私たちはもっと自由に生きられる

スポンサーリンク

お金に対する不安は現状把握から

f:id:ookiminori:20160111050050j:plain

「家族の生活のため」と転職しようとしていた夫をとめて、やりたいことをやるためにフリーランスになることを選んでもらった私。

もちろん家族が生活していくための「お金」のことをなんにも考えてなかったわけではありません。

 

条件だけで仕事を選ぼうとする夫の後姿を見ながら、「転職やめてって言いたい」という気持ちだけが先走っていた時。

「でも私はまだ育休中だし、生活するお金がなくなったらどうしよう」

と漠然としたお金に対する不安がグルグル頭の中を駆け巡っていました。

 

そこで、夫が家にいない時間帯を見計らって、今までの家計簿とにらめっこしつつ、電卓をバシバシはじいてみました。 

最低限の生活コストが分かれば不安が消える

これからしばらくの間、収入が激減するかもしれない。

という時にまず把握すべきは、その家庭の「最低限の生活コスト」です。

 

私は今まで家計簿をつけていたことで、無理をせずに(もちろん特に大きな贅沢もせず)暮らしている今現在の生活コストは把握していました。

 

そこから、生きていくのに本当に必要なコスト以外を、金額の大きいところから削っていったんです。

その内容を一部だけ書き出してみると、

  • 保険と通信費を大幅に削減する
  • 仕事で必要だったので2台所有していた車のうち1台を手放す(地方に住んでると1台は持ってないと逆に生活コストが上がったりする)
  • 今のアパートから敷金不要の市営団地に引っ越す
  • 家族のお出かけは無料の公園巡りにする
  • 衣類にお金をかけない

 

思いつくことを全部書き出してみると

やろうと思えば意外と簡単に生活コストを減らせるなって気づいて。

 

というか、我が家今まで贅沢しすぎじゃない?って思いました。

 

最低限の生活コストが分かれば、パートナーの背中も押せる

我が家の場合の「最低限の生活コスト」をはじき出したことで

「よし、いついつくらいまでなら少ない貯蓄を少しずつ切り崩しながらでもなんとかなる!」

って腹をくくれたんです。

 

そうすると、なんだか家族でRPGゲームを始めようとしてる気分になって。

「武器を買うお金を作るためにまず保険を解約して、またお金減ってきたら車を手放して~」みたいなw

 

楽観的すぎますかね。

夫がリストラになって周りから「今が試練の時期だね」とか言われるこの状況も、「え?何が?」って返しちゃうほど、フツーに楽しめる自信があるからこそ、夫の背中を押せるんです、私。

 

「家の引っ越しも視野に入れるなら、それを機に物も断捨離して憧れのミニマリストになってみるか」とか、どんな現状も一度受け入れたらとことんまで楽しめるのが、我ながらいいとこだな~って思いますw

 

で、そのワクワク感をもって夫に「転職やめちゃいなよ」って伝えたんです。

その時の夫の表情を見て、さらにワクワクしてきました

久しぶりにいい顔してましたもん。

家の中で人生諦めモード漂わせている夫ほど鬱陶しいものはないですよ、ほんと。

 

今の生活を変えて、もっとワクワクする人生を歩みたい。

でも、お金に対する不安がつきまとって行動に移せない。

 

そんな人は、一度自分や家族にかかる「最低限の生活コスト」を洗い出してみることをオススメします。

もしかしたらあなたが思っているほど、生きていくのにお金は必要じゃないかもしれませんよ。

 

そしてそれが分かれば、今よりもっと自由に生きるための第一歩が踏み出せるかもしれません。

私たち夫婦は、そうやって今を楽しんでます。