実り多き人生

「早起き&朝活」で人生を変えたい人を応援するブログ

お皿一つで食生活が変わる!ダイエットにも子育てにもワンプレート皿がオススメな3つの理由

スポンサーリンク

無理せずに、食事量を減らしてダイエットしたい

私もそうですが

ダイエットをしたいと考えている人のほとんどが

まず食事量の見直しをすると思います。

 

我が家の夕食は

私が料理がさほど好きではないこともあり

今まで「ごはん・主菜・汁物」という副菜なしの構成が主でした。

 

でもそれもごはんを食べすぎてしまう要因の一つかな

と最近になって思い至りました。

 

そこで、無印良品でワンプレート皿を家族分購入してみることに。

ワンプレート皿で食事量を無理なく減らせる

f:id:ookiminori:20151017061545j:image 

早速夕食をこのワンプレートに盛るようにしたら、狙い通り!

無理なく夕食の量を減らすことに成功しました。

 

でも、良かったのはそれだけじゃありません。

 

このワンプレート皿を使い始めて

ダイエット目的以外にも、思わぬイイコトがあったんです。

これ、特に我が家のような子育て中の方にはオススメしたい。

 

というわけで、そのオススメ理由を3つ挙げてみます。

 ワンプレート皿がオススメな3つの理由

1.自然とおかずの種類が増えるので、栄養のある食事をとれる

写真を見てもらうと分かるとおり

お皿の中は3つに分かれています。

 

汁ものは汁椀に入れるとして、大きいスペースに、ごはんと主菜。

じゃあ、残り2つの小さいスペースには何が??

 

…そう。

余白があると、埋めたくなるのが人間という生き物。

 

私はワンプレート皿にしてから

サラダとフルーツ、それとちょっとした副菜を夕食に準備するようになりました。

 

結果的に前よりも料理の品数が増えて

量は少なくても見た目&栄養レベルは格段にアップ!

 

前より夕食を楽しめるようになり

子どもの体にも良い食事を作れるようになりました。

 

2.こどもがごはんを残さなくなった 

我が家の3歳娘、白米があまり好きではないようです。

いつも少な目にお茶碗についでいるのにそれでも毎回残していました。

 

あれやこれやと私や夫が働きかけて

全部残さず食べさせるのに毎回苦労してましたが

ワンプレートにしてからは同じ量をペロッと食べるように!

 

子どもからすると

お子様ランチ的な雰囲気が楽しくて自然と食べてしまうようです。

 

まぁ、もちろんそれでもイマイチ乗り気でない時もありますが。

 

そんな時はワンプレートの小さなスペースに乗っているリンゴを指して、

「ごはん食べ終わったらデザートにリンゴどうぞ~」

なんて声掛けをすると、張り切って完食するように。  

 

余裕のある時はチキンライスの上に旗とか立ててあげたり

りんごをウサギさんにしてあげるだけでも

3歳児にはスペシャルな感じになるみたいです。

まだまだ可愛いですね。

 

3.食器洗いの手間が減った

今までは夕食時にたくさんのお皿を使ってました。

ワンプレート皿を導入してからは使うお皿の数がグンと減りました。

 

我が家が使ってる無印のワンプレートは長方形で、若干深さがあります。

食べ終わったあとは交互に重ねていけば

お皿の後ろが下のお皿にくっついて汚れる心配もなく、洗いやすくなりました。

 

食器洗いといえば、我が家では主に夫の担当。

おおざっぱな私と比べて隅々まで丁寧に洗うのでかなりの時間がかかります。

 

そんな夫にもこのワンプレートは好評で

食器洗いの時間も短縮できるようになったようです。

 

ちなみに夫はもちろん

ワンプレート1回分ではごはんとおかずが足りてません。

 

毎回空になったお皿を持って

キッチンに好きな分だけおかわりしに行く、1人ビュッフェ形式を採用しています。 

 

お皿を変えると食生活が変わる 

当初の目的だったダイエット以外にも意外な効果を発揮してくれたワンプレート皿。

お皿を変えただけで、食生活が変わるんだなぁと、嬉しい発見でした。

 

とはいえ、「お茶碗でごはんを食べる」

という日本の食文化も家庭では大切にしたい私。

 

それゆえ我が家でのワンプレート皿の出番は夜だけですが

これからも継続して使い続けたいと思います。

 

【追記】ワンプレートダイエット、本格的に始めました!

www.minorijinsei.com